人生にゲームをプラスするメディア

危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵

ゲームビジネス その他

危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
  • 危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
  • 危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
『ドンキーコング』風の棚という、ちょっと不思議なゲームインテリアです。

TonySwank氏は『ドンキーコング』の1面を再現した棚を作ろうと思いつきました。

もちろん、そんな棚が売っているわけはありませんから、黒い棚に赤いペイントを施し、実際のステージを模して若干傾けた形で壁に据え付けました。
よく見るとゴール地点にはドンキーコングがいますし、ハシゴやタルも配置されています。タルはハイネケンの空き缶を自分で茶色く塗って作ったとのこと。



Swank氏の『ドンキーコング』棚にはSNES(スーパーファミコン)やNINTENDO64など彼のゲームコレクションの一部が載せられており、中でも『クロノトリガー』『ゴールデンアイ 007』『パーフェクトダーク』がお気に入りとのこと。氏の部屋には実際に動作するNES(ファミコン)コントローラー型コーヒーテーブルや117インチのディスプレイ、肘掛けにコントローラーをしまったソファーなどゲーマー垂涎のグッズで満たされています。



「棚にガツンとやられた。なんで僕はこれを考えつかなかったんだ」「俺の部屋も飾り付けて欲しい」「私が見た中でも最高のゲームルームだ」「どうやって棚の上のものが滑り落ちないようにしてるの?」「僕は貴方の部屋を盗むつもりです。ある日貴方が家に帰ると、部屋のものは全部無くなっていて、僕の部屋に飾られているのです」といった驚きと羨望のコメントが寄せられています。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  10. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

アクセスランキングをもっと見る