人生にゲームをプラスするメディア

危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵

ゲームビジネス その他

危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
  • 危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
  • 危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵
『ドンキーコング』風の棚という、ちょっと不思議なゲームインテリアです。

TonySwank氏は『ドンキーコング』の1面を再現した棚を作ろうと思いつきました。

もちろん、そんな棚が売っているわけはありませんから、黒い棚に赤いペイントを施し、実際のステージを模して若干傾けた形で壁に据え付けました。
よく見るとゴール地点にはドンキーコングがいますし、ハシゴやタルも配置されています。タルはハイネケンの空き缶を自分で茶色く塗って作ったとのこと。



Swank氏の『ドンキーコング』棚にはSNES(スーパーファミコン)やNINTENDO64など彼のゲームコレクションの一部が載せられており、中でも『クロノトリガー』『ゴールデンアイ 007』『パーフェクトダーク』がお気に入りとのこと。氏の部屋には実際に動作するNES(ファミコン)コントローラー型コーヒーテーブルや117インチのディスプレイ、肘掛けにコントローラーをしまったソファーなどゲーマー垂涎のグッズで満たされています。



「棚にガツンとやられた。なんで僕はこれを考えつかなかったんだ」「俺の部屋も飾り付けて欲しい」「私が見た中でも最高のゲームルームだ」「どうやって棚の上のものが滑り落ちないようにしてるの?」「僕は貴方の部屋を盗むつもりです。ある日貴方が家に帰ると、部屋のものは全部無くなっていて、僕の部屋に飾られているのです」といった驚きと羨望のコメントが寄せられています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

    サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  3. 【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開

    【ロックマン20周年記念イベント】 稲船氏や漫画家の先生が登場しトークショーを展開

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. 【レポート】映像と連動して風を発生させるVR周辺機器「Vortx」を体験

  6. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  7. 脳と感覚を極限まで刺激する「VR“DEAD”THEATER」発表―超実体験型360°VRホラームービー!

  8. 【レポート】「HTC Vive」を開封!セットアップ方法やVR対応ゲーム解説をお届け

  9. 2017年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

アクセスランキングをもっと見る