人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、英アイドスを買収へ

スクウェア・エニックスは、傘下の英国SQEX LTD.を通じて、英国のゲームパブリッシャーであるEidos plcに対する買収提案を行ったと発表しました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックスは、傘下の英国SQEX LTD.を通じて、英国のゲームパブリッシャーであるEidos plcに対する買収提案を行ったと発表しました。

本件は取締役会の賛同を前提としたスキーム・オブ・アレンジメントの方式で行われ、Eidosの取締役会はこれに対する賛成決議を全員一致で採択する見込みです。また、既に約13%の株主に賛同する旨の確約を得ていて、加えてWarner Bros Entertainmentは以前の株式引受契約で発行済み株式の約20%についてスキーム・オブ・アレンジメントへの賛成の確約を行う義務があるとのこと。

スクウェア・エニックスは1株当たり32ペンスを提示していて、全株式が得られた場合、約8430万ポンド(約100億円)となります。買収費用は手元資金で賄うとのこと。

Eidosも経営不振が続いていて、救済される形です。バンダイナムコゲームスが欧州Atariに出資する方針も明らかにされていて、世界的なゲームパブリッシャーの再編が進みそうです。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  2. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

    【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  5. アニプレックス、ディライトワークスのゲーム事業を買収―『FGO』中心とする新会社設立へ

  6. ゲーム業界で転職したい人へ・・・リクルートキャリアに聞く(後編)

  7. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

  8. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  9. 舞台「龍が如く」桐生一馬「応龍の刺青」ビジュアルが公開、Web限定CMも

  10. 誰でも楽しくVRで"鬼ごっこ"体験!ゼロディブが開発した『みんなde鬼ごっこ!』を遊んできた

アクセスランキングをもっと見る