人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、英アイドスを買収へ

スクウェア・エニックスは、傘下の英国SQEX LTD.を通じて、英国のゲームパブリッシャーであるEidos plcに対する買収提案を行ったと発表しました。

ゲームビジネス その他
スクウェア・エニックスは、傘下の英国SQEX LTD.を通じて、英国のゲームパブリッシャーであるEidos plcに対する買収提案を行ったと発表しました。

本件は取締役会の賛同を前提としたスキーム・オブ・アレンジメントの方式で行われ、Eidosの取締役会はこれに対する賛成決議を全員一致で採択する見込みです。また、既に約13%の株主に賛同する旨の確約を得ていて、加えてWarner Bros Entertainmentは以前の株式引受契約で発行済み株式の約20%についてスキーム・オブ・アレンジメントへの賛成の確約を行う義務があるとのこと。

スクウェア・エニックスは1株当たり32ペンスを提示していて、全株式が得られた場合、約8430万ポンド(約100億円)となります。買収費用は手元資金で賄うとのこと。

Eidosも経営不振が続いていて、救済される形です。バンダイナムコゲームスが欧州Atariに出資する方針も明らかにされていて、世界的なゲームパブリッシャーの再編が進みそうです。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

    『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

  3. 任天堂の変わる姿勢、そして傲慢な帝国にならないために―岩田聡社長インタビュー

    任天堂の変わる姿勢、そして傲慢な帝国にならないために―岩田聡社長インタビュー

  4. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  5. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 任天堂、7.82%の自社株式を取得・・・故山内溥氏の遺族から

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 3月のNPD米国ゲームソフト売り上げ

  10. 『スーパーマリオ64』が約1億6500万円で落札―海外オークションにて、ゲームソフト史上最高額

アクセスランキングをもっと見る