人生にゲームをプラスするメディア

アトラス、業務用ゲーム機関連から撤退―プリント倶楽部で一世を風靡

ゲームビジネス その他

アトラスは6日、業務用ゲーム機関連事業から撤退すると発表しました。アトラス1987年に業務用アミューズメント機器の仕入販売業務を開始し、機器の企画・開発・製造・販売までを手掛けるようになり、中でも1995年に発売した「プリント倶楽部」(プリクラ)は一世を風靡する大ヒットとなり、現在でも人気を集めています。

その一方で、近年では原油価格の高騰や開発コストの高騰などにより収益が低下していました。昨年度は営業利益があったものの、今年度は景気後退によるアミューズメント業界全体の苦戦により、非常に厳しい状態が続いていて、営業損失は免れない状況であるということです。

アトラスでは業務用ゲーム機器の企画・開発・製造・販売事業を廃止し、在庫処分等で今期8億2500万円の特別損失を見込んでいます。関連する従業員については、配置転換を行うほか、早期退職者優遇制度による退職を予定しているとのこと。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

    今週発売の新作ゲーム『英雄伝説 閃の軌跡III』『ファイアーエムブレム無双』『FIFA 18』『KNACK ふたりの英雄と古代兵団』他

  2. 【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

    【TGS2017】ロボの起動スイッチはスカートの奥?『十三機兵防衛圏』『ドラゴンズクラウン・プロ』ステージレポ

  3. 【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

    【TGS2017】『ソードアート・オンライン レプリケーション』発表、VR × 5Gでアインクラッドを再現

  4. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 【TGS2017】ゲーム開発を支える「Enlighten」と「YEBIS」をシリコンスタジオブースで出展! 本格的なVRレーシングデモも用意

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. ゲーム開発をワンストップでサポートする シリコンスタジオ寺田健彦社長インタビュー

  10. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

アクセスランキングをもっと見る