人生にゲームをプラスするメディア

iPhoneの『ダックハント』、任天堂の要請で取り下げられる

昨年に発売されてから、従来のゲーム機とは少々異なるゲーム市場を生み出したiPhone/iPod touchですが、1月にあるゲームがリリースされました。

ゲームビジネス その他
昨年に発売されてから、従来のゲーム機とは少々異なるゲーム市場を生み出したiPhone/iPod touchですが、1月にあるゲームがリリースされました。

タイトルは『ダックハント』(Duck Hunt)。任天堂が光線銃シリーズの一つとしてファミコンで発売したゲームと同タイトル、そして同じゲーム内容、さらにグラフィックやサウンドも同じ、しかし純正ではもちろんありません。そんな明らかに真っ黒なゲームがこのたび任天堂からの要請によってiTunesストアから削除されました。

これに対して作者のLawl Martさんは「削除は残念。でも任天堂の立場も理解できる」とコメント。今後は『ダックハント』へのリスペクトは捨てずに、グラフィックやサウンドなどはオリジナルに、ゲーム性は更に磨いた作品して再びリリースしたいと話しています。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート

    話題の“ゼロ距離エンターテインメント”がいよいよ本領発揮!Oculus Quest 2配信ソフト『ユージェネ VR Live β』体験会をレポート

  2. トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

    トビー・フォックス氏『UNDERTALE』で実装されなかった“とんでもクライマックス”を明かす―トリエルが「飯綱落とし」で大爆発

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 『The Last of Us Part 3』のストーリーの大筋は存在するが現在は制作していない―ディレクターがポッドキャストで発言

  5. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

  6. ゲーマーよ、これがトレーディングカードゲームだ ― 再び流行するTCGに注目

  7. 『マリオカート アーケードグランプリ2』稼動スタート!

  8. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

アクセスランキングをもっと見る