人生にゲームをプラスするメディア

米ゲームレンタルのGameFly、2008年度ランキングを発表

米国のオンラインゲームレンタルサービスであるGameFlyは2008年度のランキングを発表しました。日本のランキングとはちょっと異なりますが、興味深いものですので紹介します。

ゲームビジネス その他
米国のオンラインゲームレンタルサービスであるGameFlyは2008年度のランキングを発表しました。日本のランキングとはちょっと異なりますが、興味深いものですので紹介します。

1 『アサシン クリード』(Ubisoft プレイステーション3、Xbox 360、ニンテンドーDS)
2 『アーミー オブ ツー』(Electronic Arts プレイステーション3、Xbox360)
3 『グランド・セフト・オートIV』(Take-Two プレイステーション3、Xbox360)
4 『レインボーシックスベガス2』(Ubisoft プレイステーション3、Xbox 360)
5 『DEVIL MAY CRY 4』(カプコン プレイステーション3、Xbox360)
6 『コール オブ デューティ4 モダン・ウォーフェア』(Activision プレイステーション3、Xbox360、ニンテンドーDS)
7 『Call of Duty: World at War』Call of Duty: World At War (Activision Blizzard プレイステーション3、Xbox 360、Wii、ニンテンドーDS)
8 『バーンアウト パラダイス』(Electronic Arts プレイステーション3、Xbox360)
9 『Dead Space』(Electronic Arts プレイステーション3、Xbox360)
10『プリンス・オブ・ペルシャ』(Ubisoft プレイステーション3、Xbox 360)

先に発表されたHome Video Essentialsのランキングがマルチタイトルでも機種ごとに別集計だったのに対し、GameFlyのランキングはマルチタイトルの場合、全機種の合算。

そのためか、一機種独占タイトルはベスト10に入っていません。

Home Video Essentialsで9位だった『アサシン クリード』がこちらでは1位。
3位だった『Halo3』、6位だった『マリオカートWii』は独占タイトルゆえかベスト10の圏外。逆にあちらで圏外だった『DEVIL MAY CRY 4』や『プリンス・オブ・ペルシャ』がランクインし、『コール オブ デューティ』シリーズが2作トップ10入りを果たすなど同じレンタルベスト10でも大きく異なった内容となっています。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 高負荷ゲームに最適、最大70%もサーバ性能を向上させる!IDCフロンティアが提供する「ハイパフォーマンスデザインパック」の威力

    高負荷ゲームに最適、最大70%もサーバ性能を向上させる!IDCフロンティアが提供する「ハイパフォーマンスデザインパック」の威力

  2. 【OGC 2010】ある日脅迫状が届いたら・・・Maru-JanのDDoS攻撃への対応実例

    【OGC 2010】ある日脅迫状が届いたら・・・Maru-JanのDDoS攻撃への対応実例

  3. 【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

    【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

  4. 【Autodesk×Unity】マトリックスが自社ブランドに挑戦~Androidの『Ragdoll』

  5. 【VRやってみな 飛ぶぞ】長州力さんが最新VR『Oculus Quest 2』を初体験!ダンス・ボクシング・ホラーゲームに挑む

  6. コベリティ日本支社、次世代のデベロップメントテストプラットフォームを発表・・・脆弱性対策にも力

  7. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  8. ゲーム会社の歴史が一目瞭然の「ゲーム会社フローチャート」

  9. 100億円強を集めたゲーム会社「ソシエゴ」に捜査・・・クライマックス・内藤氏は関与を否定

  10. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

アクセスランキングをもっと見る