人生にゲームをプラスするメディア

「脳トレ系ゲームは科学的根拠のない大ぼら」−仏の教授が主張

『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『やわらかあたま塾』といったゲームは脳を活性化するといわれていますが、その効果に疑問を唱える調査結果が発表されました。

ゲームビジネス その他
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『やわらかあたま塾』といったゲームは脳を活性化するといわれていますが、その効果に疑問を唱える調査結果が発表されました。

レンヌ大学の認知心理学の教授であるAlain Lieury氏は「ニンテンドーDSは技術の宝石だが、これらのゲームが科学的なテストであると主張するのは大ぼらだ」と主張します。

Lieury教授は10歳の子供67名を集めて4つのグループに分割、7週間のプログラムを行いました。2つのグループはニンテンドーDSで脳トレ系ゲームを7週間プレイ。1つのグループは紙と鉛筆を使ってパズルをし、残る1グループは特別なことはしませんでした。

プログラムの前後に論理テストや計算テスト、地名を覚えるテストなどを行いましたが、脳トレ系ゲームをした2つのグループの成績は他のグループとそう変わらなかったとのこと。ゲームをした2つのグループがプログラム後の計算テストで19%の成績アップを果たしたところ、他の3グループは18%前後成績がアップ。記憶テストでのゲームグループの成績はプログラム後に17%ダウンしたが、紙と鉛筆でパズルをしたグループは33%アップ。論理テストではゲームグループと紙と鉛筆でパズルをしたグループの成績が10%ほどアップしましたが、何もしなかったグループは20%ほど成績が上がったとされています。

Lieury教授が用いた「charlatanism(大ぼら、欺瞞)」という表現はいかにもセンセーショナルですが、ゲームと心の関わりを解き明かす上でこうした調査結果は有益なもの。そもそも「科学的なテスト」であると主張していないという話はありますが、さらなる調査が今回の結果を突き崩すのか否か、まだまだ熱いテーマといえそうです。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

    【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  2. 2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年6月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

    【Autodesk×Unity】セガが語るUnityで作るiPhoneゲーム、そしてコンテンツ工学

  4. 「日本のゲームを元気にする!」情報発信と新たな試みのCEDEC 2010は8月末開催

  5. アクレイムが復活?

  6. 「所さんの笑ってコラえて」で田尻氏がインベーダーについてコメント

  7. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  8. コナミの新作VRバンド演奏ゲーム『BEAT ARENA』3月12日発売―『BEMANI』アーケード楽曲をVRで楽しめる!

  9. 『アサシンクリード ブラザーフッド』が650万本を出荷、年内にシリーズ新作も発売へ

  10. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

アクセスランキングをもっと見る