人生にゲームをプラスするメディア

「脳トレ系ゲームは科学的根拠のない大ぼら」−仏の教授が主張

『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『やわらかあたま塾』といったゲームは脳を活性化するといわれていますが、その効果に疑問を唱える調査結果が発表されました。

ゲームビジネス その他
『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『やわらかあたま塾』といったゲームは脳を活性化するといわれていますが、その効果に疑問を唱える調査結果が発表されました。

レンヌ大学の認知心理学の教授であるAlain Lieury氏は「ニンテンドーDSは技術の宝石だが、これらのゲームが科学的なテストであると主張するのは大ぼらだ」と主張します。

Lieury教授は10歳の子供67名を集めて4つのグループに分割、7週間のプログラムを行いました。2つのグループはニンテンドーDSで脳トレ系ゲームを7週間プレイ。1つのグループは紙と鉛筆を使ってパズルをし、残る1グループは特別なことはしませんでした。

プログラムの前後に論理テストや計算テスト、地名を覚えるテストなどを行いましたが、脳トレ系ゲームをした2つのグループの成績は他のグループとそう変わらなかったとのこと。ゲームをした2つのグループがプログラム後の計算テストで19%の成績アップを果たしたところ、他の3グループは18%前後成績がアップ。記憶テストでのゲームグループの成績はプログラム後に17%ダウンしたが、紙と鉛筆でパズルをしたグループは33%アップ。論理テストではゲームグループと紙と鉛筆でパズルをしたグループの成績が10%ほどアップしましたが、何もしなかったグループは20%ほど成績が上がったとされています。

Lieury教授が用いた「charlatanism(大ぼら、欺瞞)」という表現はいかにもセンセーショナルですが、ゲームと心の関わりを解き明かす上でこうした調査結果は有益なもの。そもそも「科学的なテスト」であると主張していないという話はありますが、さらなる調査が今回の結果を突き崩すのか否か、まだまだ熱いテーマといえそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

    【CEDEC 2010】ゲームに込めた情熱・技術を海の向こうまで正確に伝えるために GDD/TDDを書こう

  2. 今週発売の新作ゲーム『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』『侍道外伝 KATANAKAMI』他

    今週発売の新作ゲーム『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』『UNDER NIGHT IN-BIRTH Exe:Late[cl-r]』『侍道外伝 KATANAKAMI』他

  3. 今週発売の新作ゲーム『Dreams Universe』『DAEMON X MACHINA』『初音ミク Project DIVA MEGA39's』『アズールレーン クロスウェーブ』他

    今週発売の新作ゲーム『Dreams Universe』『DAEMON X MACHINA』『初音ミク Project DIVA MEGA39's』『アズールレーン クロスウェーブ』他

  4. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  5. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  6. 【DEVELOPER’S TALK】「もうPS3には戻れない」と言わせたい、開発チームが挑んだゲームサウンド演出 PS4『龍が如く 維新!』インタビュー(後編)

  7. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  8. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  9. 「景表法以外での規制についてはコメントを差し控える」松原国家公安委員長・・・ソーシャルゲームを巡り

  10. レア、開発体制を見直し、一部人員のリストラも

アクセスランキングをもっと見る