人生にゲームをプラスするメディア

ロシア市場の現状は? 任天堂は苦戦

ヨーロッパのゲーム市場の中でも成長中と注目を集めるロシア。欧州でゲーム販売やプロモーションなどを行っているGame Factory InteractiveのInna Bukatina氏がGameIndustry.bizにて、ロシア市場の現状について語っています。

ゲームビジネス その他
ヨーロッパのゲーム市場の中でも成長中と注目を集めるロシア。欧州でゲーム販売やプロモーションなどを行っているGame Factory InteractiveのInna Bukatina氏がGameIndustry.bizにて、ロシア市場の現状について語っています。

Inna Bukatina氏によれば、ロシア市場はゲームの小売価格が抑えられる傾向があり、利幅が小さいものの、海賊版などの被害は大きく減少していて、非常に大きなポテンシャルを持っているとのことです。PCが中心で家庭用ゲーム機はまだ普及が少ないようですが、潜在的には500万のゲーム人口が居ると考えられています。

任天堂に関してはロシアでは苦戦をしているそうで、ロシアでは純粋なゲーム機よりは様々な機能を持ったデバイスが好まれる傾向にあるそうです。また、WiiやDSはゲーム人口を拡大することで成功を収めましたが、ロシアの上の世代になると、高機能なデバイスを使った事の無い人も多く、ゲームをプレイするまでに至っていないとInna Bukatina氏は述べています。

海賊版は数年前までは約99パーセントのゲームが海賊版であったのが、現在では60パーセント以下になっていて、今でも積極的な対応策が取られているそうです。多くの新興国と同様にDS市場ではとりわけ被害が大きいのですが、各社は商標登録などで対処を続けていて、楽観的に見ているようです。

次のマーケットとして期待がかかります。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. トーセ新入社員の作品『茶道プラス』ゲーム保存国際カンファレンスにて公開

    トーセ新入社員の作品『茶道プラス』ゲーム保存国際カンファレンスにて公開

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  4. 米国任天堂が2006年Q1の発売予定を公開―大玉、メトロイドなど

  5. 英国アカデミー賞のゲーム部門はユーザー投票もあり

  6. 「世界で最も評判の良い企業」、任天堂がゲーム会社ではトップに

  7. 今週発売の新作ゲーム『アンチャーテッド 古代神の秘宝』『メトロイド サムスリターンズ』『ウイニングイレブン 2018』他

  8. 任天堂との決裂、イノベーションでなし得た初代プレイステーション立ち上げ秘話(1)

  9. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  10. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

アクセスランキングをもっと見る