人生にゲームをプラスするメディア

『Winning Post World』発売決定!〜Windows、Wii、PS3、PS2のマルチ展開

コーエーは2009年1月19日(月)、Windows、プレイステーション3、プレイステーション2、Wii向けとなる競馬シミュレーションゲーム『Winning Post World』を発表しました。

任天堂 Wii
Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
  • Winning Post World
コーエーは2009年1月19日(月)、Windows、プレイステーション3、プレイステーション2、Wii向けとなる競馬シミュレーションゲーム『Winning Post World』を発表しました。

『Winning Post World』では、血統により無限の個性をもつサラブレッドを生産・所有できる「馬主」、預かった馬を思うままに鍛え上げる「調教師」、実際にレースを行う「騎手」という3つの職種がプレイ可能。競走馬はもちろん、3つの職種のキャラクターを自分の好みで作成・育成することができます。

馬主プレイでは、競走馬を生産し、調教師に預け、騎手を乗せ、レースに勝たせることで賞金を獲得し、リーディングオーナーを目指します。本作では馬主が入厩前の子馬を育成可能となっており、配合理論とあわせて、より個性的な競走馬を所有できるようになっています。

調教師プレイでは馬主から競走馬を預かり、調教で鍛え上げ、レースに勝たせることで勝利数を増やし、最終的にはリーディングトレーナーを目指します。調教により競走馬を思うままに成長させる楽しさが体感できるのがこの調教師プレイだと言えるでしょう。騎手プレイ調教師から騎乗依頼を受け、競走馬に騎乗。レースに勝っていくことで、リーディングジョッキーを目指します。レースはテレビ中継カメラ視点の他2職種と異なる一人称視点で展開し、道中の節目節目でコマンドを選択する形で進みます。

ゲームモードは「シナリオモード」と「ワールドモード」を搭載。「シナリオモード」は、2年間という限られた期間内で自分の分身となるキャラクターを育成するモード。職種、名前、性別、能力などをカスタマイズし、シナリオに沿ってゲームのシステムを学びながら自分のキャラクターを成長させていきます。500を超えるイベントがプレイを盛り上げ、プレイ終了後に起こるシナリオクリアエンディングではプレイ成果をボーナスポイントに換算し、2回目以降のシナリオモードプレイおよびワールドモードプレイを有利に進められます。

もう1つのモード、「ワールドモード」では、シナリオモードで作成したキャラクターを用いて、馬主であれば、生産馬の血統を繋いでいく、調教師や騎手ならば現役時代に関わった競走馬の仔でGIを勝つ、といった、従来の『Winning Post』シリーズのような長期的なプレイが可能です。他にもリアリティを追求したレース映像や音声実況、従来のシリーズから一新されたキャラクターやシステムなどさまざまな新要素を盛り込み、『Winning Post』シリーズファンはもちろん、競馬ゲームファン全部にアピールする内容とのこと。

発売日はWindows版が2009年2月20日(金)、プレイステーション3、プレイステーション2、Wii版が2009年4月2日(木)、価格はWindows版が9,800円(税抜)、PLAYSTATION3版が7,200円(税抜)、PlayStation2/Wii版が6,800 円(税抜)の予定です。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

    『スマブラ』生誕20周年!初代64版に対する思いや、参戦決定が1番嬉しかったファイターを大調査【読者アンケート】

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. セガゲームスの小玉理恵子プロデューサー、Game Developers Choice Awardsで日本人3人目のThe Pioneer Awardを受賞

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  9. 『妖怪ウォッチ4』「ケータ」のプレイをメインにしたPV第2弾が公開!ナビ的要素「ナビワン」の紹介も

  10. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

アクセスランキングをもっと見る