人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】アニメーション制作大手のトムスが短編アニメに本格進出(1/8)

本日の朝刊チェックです。

ゲームビジネス その他
本日の朝刊チェックです。

今日は「平成スタートの日」です。1989年の今日、前日の昭和天皇の崩御をうけて、年号が平成になりました。平成は、大化以来247番目の元号です。ちなみに、現天皇は125代目。昭和64年は7日間しかなかった為、硬貨の発行枚数がとても少なく超希少と思われがちですが、昭和64年銘の硬貨は同年3月頃まで製造されており、発行枚数は他の年号に比べて比較的少ない程度です。

日経産業新聞4面「アニメーション制作大手のトムスが短編アニメに本格進出」
アニメーション制作大手のトムス・エンタテイメントは、テレビ向けの短編アニメ制作に本格進出します。15分間のアニメ「クプ〜!!まめゴマ!」など2作品の放送を10日に開始。通常の30分番組では放送枠の確保が難しくなっており、枠の獲得が比較的容易な短編を活用。作品に関した雑貨やゲームの販売など新しい事業モデルの構築も急ぎます。トムスは「名探偵コナン」や「それいけ!アンパンマン」など人気の30分番組を手掛けていますが、アニメの放送枠は視聴率の低迷で年々減少傾向にあり、短編ならアニメ向けの放送枠以外でも採用されやすく、制作費も抑制可能としています。

日経産業新聞4面「ソネットが宝島社と協業強化」
ソネットエンタテイメントは7日、携帯電話向けサービスで宝島社との協業を強化したと発表しました。宝島社のファッション雑誌と連動した携帯サイトの内容を拡充。雑誌に掲載された髪型と顔写真を合成出来るサービスを開始しました。サービスメニューは順次追加され、美容関係を中心に広告収入の拡大を図ります。
《》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineを使ったスクウェア・エニックスの業務用向け『超速変形ジャイロゼッター』の開発

    Unreal Engineを使ったスクウェア・エニックスの業務用向け『超速変形ジャイロゼッター』の開発

  2. 【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

    【CEDEC 2016】原作再現、フェイシャル誇張からフェチズムまで ─ これからの3Dアニメ表現について考える

  3. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  4. PSVitaでより楽しめるようになった人気テニスシリーズ最新作『パワースマッシュ4』

  5. 【CEDEC 2012】「Final Fantasy XIVで搭載されたサウンド新技術の紹介」ゲームの面白さにサウンドができること

  6. シフトがWW向け新作アクションRPGを開発中と明らかに!『ゴッドイーター』や『フリーダムウォーズ』を手掛けたスタジオ

  7. スクウェア・エニックスが買収の噂を否定―売却の検討や提案を受けた事実なし

  8. 日本のデジタルマーケティングカンパニーアイモバイル社が見据える海外戦略とは?-海外事業部担当者インタビュー

  9. 【ゲーム×法律】ゲームの利用規約違反で制裁、どこまで許される?

  10. 「マンガ家向け確定申告講習会」東京と京都で同時開催

アクセスランキングをもっと見る