人生にゲームをプラスするメディア

Touch-DS.jp「社長が訊くニンテンドーDSi」更新、小田部羊一さんと『うごくメモ帳』編が公開

Touch-DS.jpで公開中の「社長が訊く ニンテンドーDSi編」が更新され、小田部羊一さんが『うごくメモ帳』について語られています。

任天堂 Wii
Touch-DS.jpで公開中の「社長が訊く ニンテンドーDSi編」が更新され、小田部羊一さんが『うごくメモ帳』について語られています。

小田部羊一さんは、日本を代表するアニメーション作家の1人であり、東映動画時代の同僚池田宏さんの誘いで1985年に任天堂に入社。21年間任天堂に勤め2007年に退社、現在は個人の作家として活躍中。インタビューは『うごくメモ帳』が出来た事をきっかけに、小田部さんと話がしたいと言う岩田社長とで話は進行します。

インタビューは小田部さんがお母さんが描いたパラパラ漫画に衝撃を受けてた事がきっかけでアニメーションの世界に入ったところから始まり、東映動画で働いてた頃の話について語られ、任天堂に入社した話が始まります。

東映動画時代の同僚だった池田宏さんの誘いを受けて任天堂に入社。池田さんは宮本茂さんの上司だった人で、初代情報開発部長でした。任天堂では丁度ファミコンソフト『スーパーマリオブラザーズ』を制作していた前後の頃ですね。最初に携わった仕事が『夢工場ドキドキパニック』のじゅうたんと語られています。また、マリオの公式イラストなど数々手がけました。Touch-DS.jpでは小田部さんが描いた「マリオ」「ピーチ」「クッパ」のイラストを見ることが出来ます。現代のイラストと見比べると違いますよね。

そして、キャラクターが3Dで表現する時代がやってきて、普通ならモーションキャプチャーを導入するはずなのにそれを否定して任天堂は作って来ました。ボタンを押したら瞬時に反応しないといけないのに、予備動作があって動くのではゲームだと気持ち悪いからと宮本さんは語っています。そしていよいよ『うごくメモ帳』に話が入ります。インタビューは『うごくメモ帳』だけに留まらない内容となっていますので、是非1度ご覧ください。

最後には小田部さんが『うごくメモ帳』で実際にアニメーションを作っている様子が動画で公開されています。

DSiウェア『うごくメモ帳』は、「ニンテンドーDSiショップ」より無料でダウンロードする事が出来ます。
《》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

    『モンハンライズ』最近話題の「KO抜刀大剣」を解説!シリーズ初期を思わせる懐かしい戦法が、現代ハンターには新鮮に映るかも

  2. 『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

    『モンハンライズ』「卵槌ガーグァ」はネタ武器にあらず!作中最大攻撃力と3種類の特攻が魅力、3本作れば死角無し

  3. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

    『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ

  4. 『モンハンライズ』ムービーシーンをぶち壊す“インパクト抜群な頭装備”たちに注目!その顔でシリアスパートは無理でしょ

  5. 『モンハンライズ』ネコ双剣「レイジネイルー」の半端ない火力はもう体験した?唯一無二の“確定会心”、見た目はネタ武器だけど実力は本物

  6. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  7. 『モンハンライズ』「ハイニンジャソード」は脅威の会心100%!片手剣初心者から上級者までオススメ、戦い方とスキル運用について解説

  8. 『モンハンライズ』Ver3.0は“徹甲ヘビィ”が熱い!強力に生まれ変わった「ヘビィボウガン」の魅力を語る

  9. 川に棲む虹色の…イワシ!?『あつまれ どうぶつの森』で釣れる「レインボーフィッシュ」ってどんな魚?【平坂寛の『あつ森』博物誌】

  10. 「Switch Proが発表されました」―新型スイッチの登場を報じたBloomberg、そのレポーターによるジョークが話題に

アクセスランキングをもっと見る