人生にゲームをプラスするメディア

アマチュア開発者が100日の座り込み−DSゲームを自力開発、正式発売のためSDKを要求

アマチュア開発者が任天堂オブアメリカ(NOA)に抗議して100日間の座り込みをスタートしました。

任天堂 DS
アマチュア開発者が任天堂オブアメリカ(NOA)に抗議して100日間の座り込みをスタートしました。

アマチュア開発者であるRobert Pelloni氏はニンテンドーDS用のRPG「Bob’s Game」を開発。正式に発売すべくNOAにSDK(ソフトウェア開発キット)の提供を求めましたが、誠意ある対応が得られなかったとして100日間の座り込みを開始しました。



Pelloni氏はゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC)に出向くなどしてNOAと直接コンタクトを取りましたが、希望が叶えられることはありませんでした。
”Nintendo game”が作りたかったというPelloni氏は「Bob’s Game」の開発に5年の歳月をかけており、SDKの提供を受けて「公認のツールで公認のゲームを開発する公認の開発者になる」ことが希望。「今まではゲームを作りたければEAに就職して一部のパートを手がけるしかなかったが、私は全て自分でやりたかったので、このようにした」とのこと。
これまでの経緯に関して「自作ソフトと商用ソフトの線引きを曖昧にすることになるので任天堂はこれを好まないのだろう」とコメントしています。

Pelloni氏の座り込みは自室で行われ、その模様は公式サイトでWEBカメラを使って中継されています。100日間出られないように部屋の入り口には外からバリケードが築かれ、食料は週に一度友人が補充してくれることとなっているとのこと。

「私のサイトには一日数千の読者が訪れ、その中には小売りや雑誌の関係者、任天堂の従業員もいる」とするのが氏の主張。「任天堂に「Bob’s Game」をプレイしたいと知らせて欲しい」と協力を要請しています。

「Bob’s Game」には200人以上のキャラクターが登場し、時間や天候の変化と言った要素が存在。解くのに20時間程度を必要とするとのこと。

氏の要求が通るのか、座り込みがどうなるのか、事態の推移が注目されます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

    『スプラトゥーン2』「トリック vs トリート」フェスは“トリート派”が勝利!

  2. PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

    PS4/スイッチ『スターデューバレー コレクターズ・エディション』が2019年1月31日に発売!

  3. 『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

    『ゼルダの伝説 BotW』冒険に役立つ知識を詰め込んだガイドブック付きソフトが11月9日に発売決定!単品での販売も

  4. 『ソウルキャリバー6』のクリエイションがアツい! 『Fate』ギルやエミヤを再現したユーザーが話題に

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  7. スイッチ新作『スーパードラゴンボールヒーローズ ワールドミッション』2019年発売決定!収録カードは約1,160枚

  8. 『スプラトゥーン2』激闘を制したのはこのチーム!「Splat Japan Open Day2」レポート

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

  10. ニンテンドースイッチの新型が2019年後半に発売か―事情を知る複数の関係者が明らかに

アクセスランキングをもっと見る