人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】Wii向けゲーム、渋谷舞台に群像劇、静止画・音声で没入感を強調(12/25)

本日の朝刊チェックです。

ゲームビジネス その他
本日の朝刊チェックです。

今日は「クリスマス」です。キリストの降誕の日で、紀元400年頃から行われるようになったと言われ、クリスマスツリーを囲み、プレゼントの交換などをして喜びを分かち合います。日本には宣教師フロイスによって1565年頃、京都に伝えられたと言われています。

日経産業新聞4面「Wii向けゲーム渋谷舞台に群像劇」
ネット・メディアヒット案内人のコーナーにチュンソフトのイシイジロウさんがインタビューに応じている記事が掲載されていました。
セガが4日に家庭用ゲーム機Wii向けに発売した『428 〜封鎖された渋谷で〜』が好調。「サウンドノベル」と呼ぶ地味なジャンルながら、各社が力作を投入した12月第1週の販売本数ランキングで7位。ゲーム専門誌のクロスレビューでも評価者全員が異例の満点を付けるなど、ゲーム内容への高い評価が販売をけん引しています。開発を担当したチュンソフトのイシイジロウ・プロデューサーは「映画や小説にはないゲームならではの表現ができた」と自信を見せています。『428』は刑事、製薬会社の社員など5人の主人公の物語を進み、要所で現れる選択肢を選ぶことで進めていくゲームです。何を選ぶかが他の登場人物のストーリーに影響を与え、複雑な物語展開が楽しめます。「現実の人生と同じく、登場人物の運命の連鎖を実感できるゲームに仕上がった」とコメントしています。

日経産業新聞15面「雪見だいふく模した入浴剤」
バンダイはロッテのアイスクリーム「雪見だいふく」に似せた形の入浴剤「雪見だいふく入浴剤」を発売しました。炭酸ガスを使った入浴剤で重さは75グラム。希望小売価格は280円(税込)。ドラッグストアやスーパーで販売されます。入浴剤のほかにアイスの外箱をかたどったミニチュア模型が1個入っています。雪見だいふくの中心客である20〜30代の女性の購入を見込み、2009年までに40万個の販売を目指しています。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

    今どきゲーム事情■杉山淳一:『A列車で行こう8』デフォルメと現実の間〜京浜急行電鉄の品川駅−羽田空港駅、こだわりの再現に挑戦!

  2. セガ、ゲームセンターの新イメージキャラに若手俳優・三浦春馬さん

    セガ、ゲームセンターの新イメージキャラに若手俳優・三浦春馬さん

  3. 【インプレッション】カメオ:エレメンツ オブ パワー(Xbox360)

    【インプレッション】カメオ:エレメンツ オブ パワー(Xbox360)

  4. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  5. 韓国政府のRMT締め付け、影響は日本にも? ―ゲームセキュリティのアンラボが指摘

  6. 【CEDEC 2014】2020年までの技術予想~半導体の技術革新がゲーム体験におよぼす影響とは? 

  7. アーケード版『リズム天国』を触ってきました

  8. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  9. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  10. 月刊任天堂店頭デモ2004年3月号の内容

アクセスランキングをもっと見る