人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】コナミ、日米欧にiPhone向けゲーム3タイトル配信(12/24)

本日の朝刊チェックです。

ゲームビジネス その他
本日の朝刊チェックです。

今日は「クリスマス・イヴ」です。キリスト降誕の前夜祭。キリスト教の祭礼のひとつですが、日本では宗教とは関係なく年中行事のようになっています。この日が近づくとデパートや商店街、一般家庭でもクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスプレゼントを用意したり、クリスマスムードが一気に盛り上がりますね。

日経産業新聞4面「日本エンタープライズ、インドで携帯ゲーム」
東証二部市場で携帯電話向けコンテンツ配信大手の日本エンタープライズはアジア事業を加速させる。インドの携帯電話会社を通じて近くゲームを配信。世界中どこでも同じ端末で映像をやりとり出来る「第3世代携帯電話」がアジアでも普及し始めています。コンテンツ需要も今後は拡大すると判断し、人口増加が続くアジアで収益を稼ぐ体質を目指します。

日経産業新聞4面「コナミ、3ゲーム日米欧にiPhone向け配信」
コナミデジタルエンタテイメントは24日から順次、米アップルの携帯電話「iPhone」向けゲームの有料配信を始めます。タッチパネルや傾きセンサーなど、iPhoneの特長を生かした内容になっていて、日米欧に配信します。コナミがiPhone向けゲームを発売するのは始めて。24日に3タイトル『SILENT HILL The Escae』『DanceDanceRevolution S Lite』『フロッガー』を配信します。。来春には『METAL GEAR SOLID TOUCH』を発売予定しています。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  5. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  9. 「VRとAIで人と会う体験が広がる」PSVRを推進するソニー吉田修平

  10. 消費税増税、ゲームセンターはどうなる? ネット上では騒動も

アクセスランキングをもっと見る