人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームニュース一週間】Wiiリモコンと共に戦う任天堂

ゲームビジネス その他

クリスマスシーズン真っ盛りの今週は、Wiiリモコンに関して様々なニュースが飛び込んできました。

海外サイトdhreck.comのDHRECK氏はヘンプ(麻)の糸を使ったリモコンカバーを作りました。3種のヘンプの糸が表面を隙間無く覆っており、名付けて「Hemp-Mote」。Wiiリモコンとしての機能はキチンと保っており、ハイテクがヘンプの柔らかさで包まれた印象深い作品となっています。

Wiiリモコン+ヌンチャクの「二つの棒が紐(ケーブル)で繋がれている」というフォルムはどこか懐かしの玩具風でもあり、DHRECK氏の発想の原点もそこにあったのかも知れません。

英国の広告基準協議会は、EAの『タイガー・ウッズ PGA TOUR 09』のCMを「まぎらわしい」とする声明を発表しました。

CM自体はWii・Xbox360・PS3といったマルチプラットフォーム用のものですが、タイガー・ウッズがWiiリモコンをスイングした後にXbox360用のゲーム画面を挿入したことが理由で、当該CMは放映が差し止められる模様です。

リモコンのスイング=Wiiという訳で、「Wiiリモコンを振る」姿がいかに印象的であるかを示す事例といえるでしょう。

これらの事例からも分かるように、Wiiリモコンは実に印象深いインターフェースです。「振る」という簡単かつ見た目に面白そうな動作であり、使っている姿は(ゲーム機としては)他に類を見ない。リモコンを振る姿そのものがWiiの広告であると言うわけです。

印象的で目立つだけに事件も多く、任天堂は「Wiiリモコンジャケット」を無償配布し、ストラップを強度の高いものにするなどの改良を続けています。「新しいものを生み出す」ということは、品物を出荷して終わりではありません。アフターケアまで行って初めて新しいものを生み出したといえるのです。任天堂はWiiリモコンと共に戦っているといっても良いでしょう。

これらのケースは単なるトラブルではなく、極めて貴重な事例。新しいものが世に出るということはどういうことなのか。どういった訴訟を起こされるのか。
任天堂のライバル達はWiiリモコンとヌンチャクの事例を研究していることでしょう。本当のコントローラー戦争となるのは次の世代です。どんな形になるのか。どんな仕掛けを詰め込むのか。敢えてスタンダードとするのか。任天堂及びメーカー各社はWiiリモコン越えを果たすことができるのか。次世代のコントローラーが新しく使いやすく楽しいものであることを期待したいところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

    インターネットから自由が消える……法学者 白田秀彰氏インタビュー

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 任天堂の業績発表で気になった10の数字・・・海外市場、ダウンロード販売、リストラ、広告宣伝費

  6. 【CEDEC 2009】猿楽庁の橋本長官がゲームのチューニングを語る・・・「ゲームチューニングってなんだろう?」

  7. マリオファクトリー南柏店レポート

  8. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  9. 「支払いたいだけ支払う」Pay What You Want: 欧米で広がる新たなゲーム販売・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第21回

  10. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

アクセスランキングをもっと見る