人生にゲームをプラスするメディア

テイク2、「任天堂との関係をより強化したい」

ゲームビジネス その他

米国の大手パブリッシャーであるテイク2インタラクティブのBen Feder CEOは、第4四半期の業績説明会の席で、ヒットしたWii向けの『Carnival Games』(カーニバルゲームス)シリーズや今後発売予定のDS『GTA チャイナタウンウォーズ』などで培われつつある任天堂との関係をより強化したい意向を明らかにしました。

Ben Feder CEOは、テイク2の『GTA』シリーズを始めとする主要なフランチャイズがWiiのターゲットとはズレがあることを認めながらも、膨大なユーザーベースにアクセスする手段を探していて、積極的に研究開発を行っているとしました。

「我々は拡大を続けるWiiの普及の恩恵を受けることができると思っています。我々と任天堂との関係は強化されつつあります。レーティングMのタイトル群はPS3やXbox360に向いているかもしれませんが、決して無視することのできないハードの普及台数がWiiにはあります」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  2. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  3. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  4. バンナム、平成29年3月期は増収増益―『ダクソIII』や『デレステ』人気

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  7. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  8. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  9. プレイステーションVSセガサターン 「次世代ゲーム機戦争」がゲーム産業を加速させた(2)

  10. 東広島から日本のRPGで世界を狙う!E3にも出展したケムコの戦略に迫る

アクセスランキングをもっと見る