人生にゲームをプラスするメディア

「DSGAMEJP」でDSゲームを違法配信、男性を再逮捕

京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と南署、山科署は、「DSGAMEJP」を通じてニンテンドーDS用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードして送信できる状態にしていたとして、大阪府寝屋川市の職業不詳男性 (37歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで再逮捕したと発表しました。男性は11月13日に「マジコン」とセットに違法ゲームソフトを販売した疑いで逮捕されていました。

任天堂 DS
京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と南署、山科署は、「DSGAMEJP」を通じてニンテンドーDS用ゲームソフトを権利者に無断でアップロードして送信できる状態にしていたとして、大阪府寝屋川市の職業不詳男性 (37歳)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで再逮捕したと発表しました。男性は11月13日に「マジコン」とセットに違法ゲームソフトを販売した疑いで逮捕されていました。

「DSGAMEJP」は会員制サイトで、3000〜10000円を入金、残金の範囲内で1タイトルあたり0〜500円でゲームソフトをダウンロードすることができました。サイトでは「マジコン」の入手から海賊版を稼動させる方法も紹介されていて、逮捕直前の11月12日のトップページには総アクセス数が463366件、会員登録数が25058件、入金している「VIP会員数」が10517件と表示されていたとのこと。

男性は平成19年8月ごろから逮捕されるまでの約1年間でゲームのダウンロード料金として約930万円、「マジコン」の販売ダイキンとして約450万円の振込みを得ていたとのことです。

「マジコン」については任天堂ほかソフトメーカー54社が輸入・販売業者を提訴したほか、個人の逮捕者が相次いでいます。今後もこの動きが加速していくものと思われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  3. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.1.0の注目ブキ10選!塗り性能変化でナワバリに嵐が巻き起こる!?

  9. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  10. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

アクセスランキングをもっと見る