人生にゲームをプラスするメディア

『F.E.A.R 2: PROJECT ORIGIN』オーストラリアで審議拒否

『F.E.A.R 2: PROJECT ORIGIN』はオーストラリアで審議拒否されました。

ゲームビジネス その他
『F.E.A.R 2: PROJECT ORIGIN』はオーストラリアで審議拒否されました。

『F.E.A.R 2: PROJECT ORIGIN』はホラー系FPS(一人称シューティング)。海外では来年の2月10日に発売予定となっていますが、オーストラリアでは審議拒否されたことで発売が不可能となります。

『F.E.A.R』シリーズは、開発者が『零』に影響を受けたといわれる強烈な恐怖描写が特徴。前作はオーストラリアでは15歳以下販売禁止の「MA15+」、アメリカでは17歳以上対象の「M」評価。審議拒否の理由は公開されていないものの、オーストラリアでは18歳以上を対象としたレーティングが存在していないことがかねてより問題となっており、今回の審議拒否は再燃のきっかけとなるかも知れません。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

    セガのゲームセンターに「らーめん缶」の自販機登場

  3. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  4. 【E3 2009】米国で売れているジャンルは?どれくらいの人がゲームしてるの?PC市場との違いは?−ESAが調査結果を発表

  5. 日本観光を恋愛ADV的ノリで楽しめる『Go! Go! Nippon! ~My First Trip to Japan~』がSteamで配信、開発者がセールス好調を報告

  6. ND CUBE、元ハドソンを中心に『Wii Party』を開発

  7. テレビ業界から飛び火した「ラウドネス問題」って何だ?SIG-Audio#01「ラウドネス勉強会」レポート

  8. 日本初のVR専門の教育機関が開校、3ヶ月の実践学習がスタート─入学金、授業料は“無料”

  9. セガサミー、カジノ経営に本格参入・・・韓国Paradise Groupと合弁で建設目指す

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る