人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーム雑誌「EGM」は紙媒体として終了?

ゲームビジネス その他

海外ゲーム雑誌「EGM」は紙媒体として終了?
  • 海外ゲーム雑誌「EGM」は紙媒体として終了?
「EGM」(Electronic Gaming Monthly)といえば海外ゲーム雑誌の定番ですが、紙媒体としての「EGM」が終了するかもしれないとのことです。

「EGM」を出版するZiff Davis社は、今年3月に経営難から破産保護手続きを申請。老舗雑誌である「PC Magazine」の印刷版は続投が決定するも「EGM」の印刷版に関しては未定とのこと。原因は広告収入の落ち込みなどで、Ziff Davis社のJason Young氏は「紙媒体として継続する体力がない」とコメントしています。

日本でも25年の歴史を誇るゲーム雑誌「ログイン」が今年5月に休刊となっており、時代の流れとはいえ紙のゲーム雑誌が少なくなるのは悲しい気がします。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. グリー、中国拠点の撤退を決定

  6. アジアオリンピック評議会が「e-Sports」を競技種目に―2018年「アジア競技大会」から本格デモ導入

  7. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  8. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  9. 【フェスティバル・オブ・ゲームス】オランダでシリアスゲーム制作に携わる日本の交換留学生

  10. フランス取材で見た社会的活用が進むシリアスゲーム

アクセスランキングをもっと見る