人生にゲームをプラスするメディア

今度のペットは放牧のお手伝いまで!〜DS『牧場物語 ようこそ!風のバザールへ』

任天堂 DS

牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
  • 牧場物語 ようこそ!風のバザールへ
マーベラスエンターテイメントは2008年11月25日(火)に、ニンテンドーDS向けとなるほのぼの生活ゲーム『牧場物語 ようこそ!風のバザールへ』の世界観やシステムに関する新情報を発表しました。

『牧場物語 ようこそ!風のバザールへ』は、自然や住民とふれあうのが楽しい『牧場物語』シリーズの最新作。すでに「風」「バザール」「通信」といった新要素の追加が発表されていますが、今回は、ペットとして飼う動物の新たなふるまいや、新キャラクターが発表されました。



『牧場物語 ようこそ!風のバザールへ』では、ペットのイヌやネコとの相性があることが明らかに。仲良くなれば向こうから寄ってきてくれるようになりました。さらに訓練すると、放牧しているウシやヒツジなどを誘導してくれるとのこと。イヌは「ウシ・ヒツジ」を、ネコは「ニワトリ・ヒヨコ」を“動物小屋から外に”&“外から小屋の中に”誘導してくれるようになります。しかも訓練も積むことで一度に誘導できる動物の数が増えていくそうです。



また今回新たに2人の登場人物が明らかになりました。新キャラクターは、女性の「カゲツ」と男性の「シュミット」の2名。謎が多く、結婚対象かどうかなど不明ですが、「仲良くなるとなにかいいことがあるかもしれない」とのことです。

『牧場物語 ようこそ!風のバザールへ』は2008年12月18日(木)発売予定で、価格は5,040円(税込)です。
《池田利夫》

編集部おすすめの記事