人生にゲームをプラスするメディア

10年前のゲームで35万人を取締−不正と戦い続けるゲームメーカーとは?

PCゲーム オンラインゲーム

不正との戦いはオンラインゲームの世界においても続いています。

Blizzardは『StarCraft』(スタークラフト)と『Diablo II』(ディアブロ2)において不正をはたらいていたアカウント35万に対し、30日の接続禁止措置を執りました。

同社のマッチングサービス「Battle.net」公式サイトの告知によると、35万のアカウントはサードパーティー製の不正ツールを使用しており、これは以前の取締よりも広範囲にわたる措置とのこと。

措置対象となったプレイヤーが使用していた『Diablo II』のCDキーは30日間「Battle.net」への接続が不可能となり、今後も違反が繰り返されるようであれば永久に使用できなくなります。

Blizzardは旧作ゲームに対しても手厚いサポートを行うことで知られていますが、『StarCraft』は10年前、『Diablo II』は8年前のゲーム。しかも「Battle.net」は利用料無料なのですから、今回の措置は同社のポリシーを示すものとしてファンから歓迎されるのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 『Cuphead』海外ファンメイドアニメーションが登場―ブラックユーモア満載……

    『Cuphead』海外ファンメイドアニメーションが登場―ブラックユーモア満載……

  3. 【特集】20年をむかえる『Ultima Online』は今でも楽しめるのか―もう一度ブリタニアへ…

  4. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  5. ファンタジックな3Dフライトシューティング『ナーシャオンライン』韓国でオープンベータテスト開始

  6. レベルファイブ×DMM GAMESで贈る『装甲娘』発表!美少女たちが『ダンボール戦機』のLBXをまとう!?

  7. サイコ老人に追われるサバイバルホラー『Remothered』の早期アクセス日が決定!

  8. 『PUBG』テストサーバー実施期間が延長、PC版正式リリースまで継続

アクセスランキングをもっと見る