人生にゲームをプラスするメディア

FIFAサッカーシリーズ最新作が11月13日にキックオフ!『FIFA 09』は4機種同時発売

ゲームビジネス その他

FIFA 09 ALL-PLAY
  • FIFA 09 ALL-PLAY
  • FIFA 09
  • FIFA 09
  • FIFA 09
  • FIFA 09 ALL-PLAY
  • FIFA 09
  • FIFA 09
  • FIFA 09 ALL-PLAY
エレクトロニック・アーツは、人気のFIFAサッカーゲームシリーズ最新作を11月13日にWii、Xbox360、PS3、PSPの4機種で発売されます。

本作は、欧州主要リーグ他の選手成績がリアルに反映する“ADIDASライブ・シーズン”を採用し、実況解説には、サッカー解説でお馴染みの岡田武史氏、西岡明彦氏を起用し、シリーズ最高峰の作品に仕上がっています。

Wii版だけは名称が少し違い『FIFA 09 ALL-PLAY』となっており、Xbox360、PS3、PSPの3機種は『FIFA 09 ワールドクラス サッカー』と同一名称となってます。基本的なゲーム内容は全て同じですが、ハード事に少し違う要素が盛り込まれているので紹介します。



Wii版だけのオリジナル要素として、Miiを使って8対8のミニサッカーモードを搭載。シンプルなルール設定でMiiをゲーム内に登場させることが出来るようになっています。Wii版『FIFA 09 ALL-PLAY』は、希望小売価格6090円(税込)で発売です。



Xbox360版とPS3版は、オンライン要素が多機種より力が入っており、最大10人対10人によるオンライン対戦をする事が出来ます。Xbox360版、PS3版『FIFA 09 ワールドクラス サッカー』は、希望小売価格7665円(税込)で発売です。



PSP版は、ワイヤレスLANに対応し、最大4人で協力プレイしたり対戦プレイを楽しむことが出来ます。PSP版『FIFA 09 ワールドクラス サッカー』は、希望小売価格5040円(税込)で発売です。

11月13日より1ヶ月後にPS2版『FIFA 09 ワールドクラス サッカー』も発売が予定されており、12月18日に希望小売価格6090円(税込)で発売予定となっています。
《》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  3. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  6. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  7. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  8. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  9. 「エロマンガ先生」山田エルフ大先生とお昼寝できるVRアプリ登場! 先行版ではツイスターゲームも

  10. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

アクセスランキングをもっと見る