人生にゲームをプラスするメディア

Brash Entertainment、金融危機の煽りでピンチ? ―ファクター5やゲームリパブリックも契約

映画などのライセンスを基にしたゲームを開発・販売するとしてハリウッドなどから4億ドルを集めて設立されたBrash Entertainmentですが、映画の業界紙であるVarietyによれば、昨今の金融危機の煽りを受け、一部版権の返上を行うと共に、新規の投資集めに躍起になっているそうです。また、共同創業者のLegendary Pictures氏やThomas Tull氏が解任されたということです。加えて20名のレイオフも行われたようです。

ゲームビジネス その他
映画などのライセンスを基にしたゲームを開発・販売するとしてハリウッドなどから4億ドルを集めて設立されたBrash Entertainmentですが、映画の業界紙であるVarietyによれば、昨今の金融危機の煽りを受け、一部版権の返上を行うと共に、新規の投資集めに躍起になっているそうです。また、共同創業者のLegendary Pictures氏やThomas Tull氏が解任されたということです。加えて20名のレイオフも行われたようです。

複数のソースによれば、Brashは過去数カ月で複数のタイトルの開発を中止し、一部のデベロッパー向けの支払いが止まっているそうです。それに伴って幾つかのライセンスを返上したり、他のパブリッシャーにライセンスすることを決めたそうです。

Brashは設立時に4億ドルを集めて話題になりましたが、昨今の金融危機でその一部にしかアクセスできない状態が続いていて、資金難となり、新しい投資家や買い手を探しているそうです。

多くのゲームタイトルが開発中と発表されていますが、現在のところ発売が正式に決まっているのは『Six Flags Fun Park』が今年の12月に、『Saw』が来年にということだけです。

その他の『スーパーマン』『プリズンブレイク』『300』『Tale of Desperaux』『Night at the Museum 2』『Clash of the Titans』などのタイトルの現状は不明のままです。ちなみに正式には発表されていませんが、このうち『スーパーマン』は『スターウォーズ ローグスコードロン』シリーズや『RISE FROM LAIR』を開発したファクター5が担当しているそうです。

Brashとは日本のゲームデベロッパーではゲームリパブリックもゲーム開発契約を結んでいます
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

    「CRIWARE」が分かりやすい、学びやすい!CRI・ミドルウェアがゲーム開発に特化した新サイトを立ち上げ─マニュアルやチュートリアルも公開に

  2. 今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

    今週発売の新作ゲーム『レッド・デッド・リデンプション2』『レゴ DC スーパーヴィランズ』『ストリートファイター 30th AC インターナショナル』他

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 「2017年YouTuberタイアップ動画起用社数ランキング」が公開―業種内訳は「ゲーム」が最も多い結果に

  7. 【nintendoutside】 ゲームの原点?『レトロアタリクラシックス』

  8. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  9. 【CEDEC 2009】新作より難しい!?「派生開発における2つの問題」~母体の作り方と派生開発の進め方~

  10. インディーゲーム開発コミュニティを活性化するSIG-Indieの活動・・・SIG-Indie第10回勉強会

アクセスランキングをもっと見る