人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2008】Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』体験版プレイレポート

右手にヌンチャク、という一風変わったスタイルで話題になっているこのフライトシューティングゲームですが、体験版がプレイできたのでレポートします。

任天堂 Wii
【TGS2008】Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』体験版プレイレポート
  • 【TGS2008】Wii『スカイ・クロラ イノセン・テイセス』体験版プレイレポート
右手にヌンチャク、という一風変わったスタイルで話題になっているこのフライトシューティングゲームですが、体験版がプレイできたのでレポートします。

体験版は3分間で、純粋に操作やシステムを楽しめるようになっていました。最初は右手にヌンチャクというのは違和感が有るかなと思いましたが、3Dスティックは使わず、右手の傾きだけで戦闘機を操るので慣れるのは一瞬でした。傾きの検出は敏感すぎず、初見のプレイでもあらぬ方向を向いたりするようなことはなく快適にプレイできました。

また、左手のWiiリモコンは前後の傾きで戦闘機の速度を変えることが出来るみたいですがプレイ前に「最初はあまり気にしないで下さい」と言われます。この操作はすこしなれないと使いこなすのは大変かなあと思いましたが、体験版では速度一定でもなんとかなるようなつくりになっていました。

ステージでは敵機が飛び交っていて、これにヌンチャクの傾きで食らいついていくことからゲームは始まります。ある程度敵機をマニュアルで補足するとTMCゲージが溜まっていきます。このゲージがたまった状態でAボタンを押すことで自動追尾がはじまり、急にダイナミックなカメラワークと戦闘機の華麗なアクションを見せたかと思うと敵機の後ろを取ることが出来ます。

ヌンチャクの操作による戦闘機の動きは(まだ慣れないせいか)少しネットリしている感じで、TMCを仕様した時のアクロバティックな動きとの差が気になってしまいましたが、慣れてきて狙い通りにTMCが決まったらかなり爽快になるのではないかなあと思わせられました。

筆者がプレイした時の最高撃墜数は6機でした。ゲームショーが終わる頃には何機まで記録が伸びるか楽しみです。
《Jalopy》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

    『スマブラSP』ファイターをサポートする強力アイテム「アシストフィギュア」―初登場の新キャラたちをまとめてチェック!

  2. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  3. 『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

    『DOAX』シリーズ最新版がスイッチ/PS4で発売決定―HD振動を活かした新エンジン「やわらか4D」でこれまでにない揺れを体感せよ!

  4. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  5. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』の魅力は声優陣も狙い打ち! 当時を思い出す梶裕貴、スイッチデビューの丸山有香─悠木碧は「そう、イーブイはいる…」と熱弁

  7. 「モンスターボールPlus」使ってみてどうだった?【読者アンケート】

  8. 『ポケモン ピカ・ブイ』は初代と比べてどのくらい進化した!?20年の歳月はここまで『ポケモン』をすごくした!

  9. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  10. 『スマブラSP』DLCで参戦してほしいファイターは誰?【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る