人生にゲームをプラスするメディア

TGS、センス・オブ・ワンダーナイトの参加作品と任天堂など協賛社が発表に

ゲームビジネス その他

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、東京ゲームショウ2008にて開催する主催者企画「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」(センス・オブ・ワンダーナイト 2008)に参加する12作品を発表しました。また、CRI・ミドルウェア、任天堂、XNAが本企画に協賛することも明らかになりました。

「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」は新たな可能性を模索しているゲーム開発者にスポットライトを当てて、ゲームの可能性を広げていくことを目的としたプレゼンテーションの場です。見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがハッと、自分の世界が変わるような感覚=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こせるゲームを世に送り出す事を目的としています。今回は日本から7作品、米国から3作品、メキシコとアルゼンチンからそれぞれ1作品が登場します。

選考には67作品(国内35件、海外32件)が寄せられ、全作品について4人の国内選考委員による選考会と、海外選考委員からの推薦を受けて12作品が決定しました。

参加作品一覧
・カメラ やれやれ(日本)
・Depict Jesus Cuauhtemoc Moreno Ramos(メキシコ)
・Genocide Automation 佐々木直哉(日本)
・ゴミ箱(仮称) Trash Boxチーム[PlayStation C.A.M.P!](日本)
・The Misadventures of P.B. Winterbottom The Odd Gentlemen(米国)
・Moon Stories Daniel Benmergui(アルゼンチン)
・ナノスマイルズ 岩井悠(日本)
・PixelJunk Eden キューゲームス(日本)
・RANDY BALMA: MUNICIPAL ABORTIONIST Mark Essen((米国)
・おまえらバランスとってふたご塔を作るゲーム(通称ふたご塔) OMEGA(日本)
・WhiteSpace Ian Dallas(米国)
・ワールドアイスランジスタ アンビション(日本)

「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」は10月10日(ビジネスデー)の18時〜20時30分に幕針メッセにあるRestaurant NOAにて開催されます。入場にはビジネスデイバッジ、もしくはプレスパスなどが必要になります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ソフトサイン、PCE『はにい いんざ すかい』『サイバークロス』などフェイス社作品の開発・出版権を獲得

  5. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  6. 【TGS2015】中国で成功するスマホゲームに必須の「VIPシステム」とは? 『ウチ姫』も展開するKONGZHONG JPに聞いた

  7. 【GTMF2010】3D立体視を実現するには? SCE最新テクノロジー

  8. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  9. 【CEDEC 2010】「2200年の人類に何を残すか」MIT石井教授が語る"未来の創造"~基調講演

  10. 【CEDEC 2014】GDCの講演は怖くない!みんなも公募にチャレンジしよう

アクセスランキングをもっと見る