人生にゲームをプラスするメディア

TGS、センス・オブ・ワンダーナイトの参加作品と任天堂など協賛社が発表に

ゲームビジネス その他

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、東京ゲームショウ2008にて開催する主催者企画「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」(センス・オブ・ワンダーナイト 2008)に参加する12作品を発表しました。また、CRI・ミドルウェア、任天堂、XNAが本企画に協賛することも明らかになりました。

「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」は新たな可能性を模索しているゲーム開発者にスポットライトを当てて、ゲームの可能性を広げていくことを目的としたプレゼンテーションの場です。見た瞬間、コンセプトを聞いた瞬間に、誰もがハッと、自分の世界が変わるような感覚=「センス・オブ・ワンダー」を引き起こせるゲームを世に送り出す事を目的としています。今回は日本から7作品、米国から3作品、メキシコとアルゼンチンからそれぞれ1作品が登場します。

選考には67作品(国内35件、海外32件)が寄せられ、全作品について4人の国内選考委員による選考会と、海外選考委員からの推薦を受けて12作品が決定しました。

参加作品一覧
・カメラ やれやれ(日本)
・Depict Jesus Cuauhtemoc Moreno Ramos(メキシコ)
・Genocide Automation 佐々木直哉(日本)
・ゴミ箱(仮称) Trash Boxチーム[PlayStation C.A.M.P!](日本)
・The Misadventures of P.B. Winterbottom The Odd Gentlemen(米国)
・Moon Stories Daniel Benmergui(アルゼンチン)
・ナノスマイルズ 岩井悠(日本)
・PixelJunk Eden キューゲームス(日本)
・RANDY BALMA: MUNICIPAL ABORTIONIST Mark Essen((米国)
・おまえらバランスとってふたご塔を作るゲーム(通称ふたご塔) OMEGA(日本)
・WhiteSpace Ian Dallas(米国)
・ワールドアイスランジスタ アンビション(日本)

「SENSE OF WONDER NIGHT 2008」は10月10日(ビジネスデー)の18時〜20時30分に幕針メッセにあるRestaurant NOAにて開催されます。入場にはビジネスデイバッジ、もしくはプレスパスなどが必要になります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

    今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

  3. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

    【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  4. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 「モバイル戦略を加速させる」ネクソン崔承祐社長・・・グループス買収で

  6. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  7. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  8. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  9. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  10. GREE vs Mobageの釣りゲー訴訟・・・グリーが逆転敗訴確定

アクセスランキングをもっと見る