人生にゲームをプラスするメディア

和解金は22億円:振動コントローラーに関する訴訟でマイクロソフトと米Immersion社に決着

マイクロソフトと米Immersion社は振動コントローラーに関する訴訟で和解、Immersion社がマイクロソフトに2075万ドル(約22億円)を支払うこととなりました。

ゲームビジネス その他
マイクロソフトと米Immersion社は振動コントローラーに関する訴訟で和解、Immersion社がマイクロソフトに2075万ドル(約22億円)を支払うこととなりました。

Immersion社は、ゲームの進行に合わせてコントローラーが振動する、いわゆる「振動コントローラー」に関する特許を持つ会社。同社が振動コントローラーに関してマイクロソフトとSECA(ソニー・コンピューター・エンターテイメント・アメリカ)を訴えた後に和解が成立したのは記憶に新しいところです。

Immersion社とマイクロソフトの間で交わされたサブライセンス契約では、「SCEAとImmersion社の和解が成立した場合、Immersion社はマイクロソフトに支払いをする義務が生じる」とするのがマイクロソフトの主張。これに対してImmersion社は「支払いの義務はない」として真っ向から対立してきたのがいままでの経緯です。

今回の和解により、約22億円がImmersion社からマイクロソフトへ支払われ、Immersion社はマイクロソフト製品に対する高い技術力をもつ企業によるパートナープログラムCertified Partner Programに参加することとなります。

2002年から続いてきた振動コントローラーに関する訴訟ですが、この和解で一段落したというわけですが、22億円という莫大な金額はプレイヤーにとっては雲の上の話であると同時に、ゲーム産業の規模の大きさを示すものといえるでしょう。
《水口真》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  2. 米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

    米任天堂社長が「新型ニンテンドースイッチ」について米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  3. マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

    マイクロソフトは発売前のXbox Series Xを、ライバル企業・SIEに提供していた―Xbox幹部「これは業界の信頼の証でした」

  4. 『Apex Legends』人気タレントが集う第6回「CRカップ」は7月31日開催!早くもCR.おじじ氏が明言

  5. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  6. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  7. 台湾のゲームユーザー数は人口の半分以上!?世界が注目する台湾ゲーム市場の実態に迫る

  8. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  9. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  10. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

アクセスランキングをもっと見る