人生にゲームをプラスするメディア

『GTA』模倣殺人で揺れるタイ政府、危険ゲーム10本を選別

ゲームビジネス その他

タイ政府は、現実の殺人などに繋がる危険性が高いとして『GTA』『バイオハザード4』『キラー7』など10本のゲームを選別、子供がこれらのゲームに触れないよう注意が必要であるとの見解を明らかにしました。

タイ政府から危険認定された問題の10本は『GTA』(Grand Theft Auto)、『バイオハザード4』、『キラー7』、『マンハント』、『ゴッド・オブ・ウォー』、『ヒットマン: ブラッドマネー』、『ゴッドファーザー』、『300:The Video Game』、『50 Cent:Bulletproof』。いずれも過激な暴力描写が登場するゲームとなっています。

タイでは8月2日(土)に高校生がタクシー運転手を刺すという強盗殺人事件が発生。「『GTA』を見てゲーム代欲しさに犯行を思いついた」と自供したことで各界にショックを与えました。

ゲームに絡んだ事件の後、政府が特定タイトルを名指しして注意を呼びかけるというのは日本ではあまり見られない事態。日本政府もタイ政府のやり方に倣うべきか否かは今後慎重に議論が進められるべきでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  6. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  7. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る