人生にゲームをプラスするメディア

iモードで80’Sの名作配信『高橋名人の冒険島』『ボンバーマン復刻版』

ハドソンは2008年6月26日(木)、iモードに新設されたコンテンツ「クラシックゲームコーナー」で、FOMAアプリ『高橋名人の冒険島』と『ボンバーマン復刻版』の配信を開始した。

モバイル・スマートフォン 全般
ハドソンは2008年6月26日(木)、iモードに新設されたコンテンツ「クラシックゲームコーナー」で、FOMAアプリ『高橋名人の冒険島』と『ボンバーマン復刻版』の配信を開始した。

「クラシックゲームコーナー」は、1980年以降に発売された人気を集めた懐かしのゲームを、携帯アプリにカスタマイズした作品をラインナップしているサービス。本サービスにはマイメニュー登録が不要となり、「iメニュー」のトップ画面にある「ゲーム」内に追加された「クラシックゲームコーナー」から直接ゲームのダウンロードが行える。

『高橋名人の冒険島』は、16連射でおなじみのハドソン・高橋名人を主人公にしたアクションゲーム。さらわれた恋人・ティナを助けるために、武器やスケボーなどのアイテムを入手しつつ、敵をよけたり倒したりしながら冒険島のゴールを目指していく。

なおアプリ版では、武器の使用をボタンひとつでオート/マニュアルに変更できる。

『ボンバーマン復刻版』は、爆弾で敵を倒していくステージクリア型のアクションゲーム。ステージ数は全50面で、爆弾でソフトブロックを破壊すると中からパワーアップアイテムが出現することもある。

なお両作品は、ハドソンのiモードサイト「着☆あぷ♪ボンバーマン」(月額情報料315円(税込))からもプレイ可能だ。

◆『高橋名人の冒険島』
●情報料
1ダウンロード105円(税込)
●対応機種
FOMA900iシリーズ、703iシリーズ以上

◆『ボンバーマン復刻版』
●情報料
1ダウンロード210円(税込)
●対応機種
FOMA900iシリーズ、703iシリーズ以上


(C)HUDSON SOFT
Gpara.com
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』サトノダイヤモンドは「セガ」の関係者!?こっそり仕込まれた「セガネタ」の数々

    『ウマ娘』サトノダイヤモンドは「セガ」の関係者!?こっそり仕込まれた「セガネタ」の数々

  2. 「フィギュア」はどうやって作られる? トップメーカーに密着したら、進化し続ける“職人技”がスゴかった!【フィギュア作り】

    「フィギュア」はどうやって作られる? トップメーカーに密着したら、進化し続ける“職人技”がスゴかった!【フィギュア作り】

  3. コミュディ期間中にわざマシンを使えば限定技を覚えるのか、徹底検証!【ポケモンGO 秋田局】

    コミュディ期間中にわざマシンを使えば限定技を覚えるのか、徹底検証!【ポケモンGO 秋田局】

  4. 『FGO』★5配布に迷ったらこれ!25騎から特にオススメのサーヴァントを紹介―未所持なら「孔明」一択

  5. 『ぷよクエ』×「Dr.スランプ アラレちゃん」コラボで“ぷよ”が“うんちくん”に!? ★7へんしんキャラやログボでもらえる★6など、見どころを徹底紹介!

  6. 『コードギアス』新作アプリの「ログボ画面」が怖い…原作愛に溢れすぎた“ブラックジョーク”が話題に

  7. 落ち着いたら『FGO』の聖地を巡ろう! 5周年企画「under the same sky」の各地域まとめ―特徴やサーヴァントとの繋がり、小ネタ等を紹介【西日本編】

  8. 『バトルガール ハイスクール』星守たちが“大人”になって再会!6周年記念で「描き下ろしエピソード&イラスト」のサプライズ

  9. 『ロマサガRS』今さら聞けない「七英雄」まとめ―生い立ちや背景、能力値、人気の秘密は?

  10. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る