人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、「Unreal Engine」の契約を継続。欧州で未発表作品を開発中

カプコンは2008年6月25日(水)、アメリカ・ノースカロライナにあるゲーム及びゲームエンジン技術の開発会社・Epic Games, Inc.と、Epic Gamesのゲーム開発ツール「Unreal Engine 3」に関する2度目のライセンス契約を締結したことを発表した。

ゲームビジネス その他
カプコンは2008年6月25日(水)、アメリカ・ノースカロライナにあるゲーム及びゲームエンジン技術の開発会社・Epic Games, Inc.と、Epic Gamesのゲーム開発ツール「Unreal Engine 3」に関する2度目のライセンス契約を締結したことを発表した。

「Unreal Engine 3」は、ゲーム開発ツールとして数々の受賞歴を持つ「Unreal Engine」シリーズの現行モデル。「Unreal Engine 3」は、最先端のグラフィックスを提供するツールセットとしての機能を保持しつつ、大規模なゲーム世界やマルチ・プロセッサー、次世代コンソールに向けての最適化が行える機能を備えている。

カプコンの開発統括本部・常務執行役員の稲船敬二氏は、「Unreal Engine 3は、我々が欧州で推進する開発プロジェクトに最適で、高いクオリティの実現が可能になります。プロジェクトの開発チームはUnreal Engine 3に精通しているのに加えて、Unreal Engine 3の優れた汎用性は、このプロジェクト特有のニーズにも充分に応える事ができるでしょう」と述べている。

また、Epic Gamesのバイス・プレジデントであるマーク・レイン氏は、「カプコンが、開発中のゲームのために再びUnreal Engine 3を選択したことにとても興奮しています。カプコンは我々の業界では伝説的な会社で、彼らと一緒に仕事ができて光栄です」とのコメントを寄せている。

カプコンが「Unreal Engine 3」を用いて欧州で開発中のタイトルは未発表のものとされており、どのような作品が誕生するのかも気になるところだ。
Gpara.com

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

    【プレイレポ】新宿のド真ん中でニジマスを釣る!『釣りVR GIJIESTA』が楽しすぎる

  2. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

    【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

  3. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  6. SCE、PSP向けグラフィック描画ツール「PhyreEngine for PSP」今春より提供開始

  7. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  8. 【インディペンデントゲームジャパン】エンタメの世界を奏でるイノベーションはテクノロジー

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

アクセスランキングをもっと見る