人生にゲームをプラスするメディア

テクモ、「Team Ninja」数十人規模での離脱の噂を否定

米国のゲームサイト1UP.COMは、巷の噂として、テクモのTeam Ninjaの主要メンバーが、3ダース規模(36人程度がそれ以上)で退職すると15日付けで伝えています。また、このうち数名が未払いボーナスの支払いを求めて提訴を計画しているとしています。

ゲームビジネス その他
米国のゲームサイト1UP.COMは、巷の噂として、テクモのTeam Ninjaの主要メンバーが、3ダース規模(36人程度がそれ以上)で退職すると15日付けで伝えています。また、このうち数名が未払いボーナスの支払いを求めて提訴を計画しているとしています。

これに対してテクモは本日付で声明を出し、「一部の海外ゲームメディアにおいて、数十人の社員が退社するという報道がされましたが、そのような事実はございません」と否定しています。

また1UP.COMは、元Team Ninjaの板垣氏が14日にテクモと安田会長を相手取って起こした訴訟について、上場企業における開示義務を遵守してないと指摘していましたが、これについても「弊社は有価証券上場規程に基づく適時開示義務を厳守しております」としています。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

    FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  2. 体験型エンタテインメントの市場を広げる方法とは?事例から探る SIG-ARG04レポート

    体験型エンタテインメントの市場を広げる方法とは?事例から探る SIG-ARG04レポート

  3. ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

    ミドルウェア開発からゲーム制作まで~シリコンスタジオにPS3『3Dドットゲームヒーローズ』について聞く

  4. ゼロ遅延技術「SonicSYNC」は従来スマホ音ゲーの"間違い"を正せるか―『ディズニー ミュージックパレード』メディア向け発表会をレポート

  5. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  6. 2006年の国内ゲーム市場規模が過去最高を更新

  7. 米でファイナルファンタジーのオーケストラコンサート開催が決定!

  8. 『バイオハザード4』初日売上は11万7000本、27日初日速報

  9. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  10. 【China Joy 2012】提携戦略でプラットフォーム確立を目指す「Mobage」、中国勢の海外展開にも

アクセスランキングをもっと見る