人生にゲームをプラスするメディア

米ルーカスアーツ、100人規模のレイオフ―内製からライセンシング重視への転換?

報道によれば「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」で知られるルーカスフィルムのゲーム部門であるルーカスアーツは、複数のプロデューサークラスを含む75〜100人規模のレイオフを実施したということです。同社は『LEGO Indiana Jones: The Original Adventures』をマルチプラットフォームでリリースしたばかりです。

ゲームビジネス その他
報道によれば「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」で知られるルーカスフィルムのゲーム部門であるルーカスアーツは、複数のプロデューサークラスを含む75〜100人規模のレイオフを実施したということです。同社は『LEGO Indiana Jones: The Original Adventures』をマルチプラットフォームでリリースしたばかりです。

ルーカスアーツでは4ヶ月前に社長を務めていたJim Ward氏が「個人的な理由」から退任していますが、その影には「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」のゲームを社内で開発して販売するよりも、他のゲームメーカーにライセンス供与した方が利益を生むのではないかという意見の対立があった模様です。4月には元EA COOのDarrell Rodriguez氏が社長に就任していますが、その時からレアオフが噂されてきました。

レイオフには発売したばかりの『LEGO Indiana Jones: The Original Adventures』や『LEGO Star Wars: The Complete Saga』といった作品を手がけたプロデューサーのShawn Storc氏も含まれているということです。開発部門、QA、コンプライアンスなど多数の部門に渡っているとのこと。ただ、同社では社内開発は残すと主張しています。

ルーカスアーツは先日、米国のゲーム業界団体ESAのメンバーシップを更新しない決定をしたことでも注目されました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2010】良い立体視を作るコツとは?そのお作法を紹介

    【CEDEC 2010】良い立体視を作るコツとは?そのお作法を紹介

  2. 今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

    今までのソーシャルゲームを全否定するような企画書を見て驚愕しました・・・『チェインクロニクル』ビジネス戦略について聞く

  3. 【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

    【週間売上ランキング】『スマブラX』の初週は82万本!(1/28-2/3)

  4. KONAMIより「天元突破グレンラガン」トレカとフィギュア同時発売

  5. 3DSで新たな狩り、はじまる・・・『モンスターハンター3(トライ)G』

  6. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  7. 2020年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 高橋名人、2012年10月よりMAGES.に入社

  9. 【ほらてくっ!】まだ間に合う!株式会社“闇”社員が語る、極上のお化け屋敷紹介

  10. 行政がデジタルコンテンツ産業をバックアップ。「アジアのリーダー都市をめざす」福岡市の戦略とは?

アクセスランキングをもっと見る