人生にゲームをプラスするメディア

英コードマスターズ、日本法人を7月に開設

ゲームビジネス その他

リクナビNEXTの求人情報によれば、英国のゲームパブリッシャー/デベロッパーのコードマスターズ(Codemasters)が7月に日本法人を設立するとのこと。経営、制作、宣伝、販売などは業界経験者で構成される予定だということですが、創業メンバーとして総務・秘書の職種が募集されています。英国が本社ですので、語学力が必須のようです。

コードマスターズは1985年に設立されたゲームメーカーで、当初はPC中心、現在ではコンシューマー機を中心にタイトルをリリースしていて、特に『Colin McRae Rally』や『DiRT』などレースゲームを得意としています。27日にマイクロソフトからXbox360で発売された『オーバーロード』も同社の作品です。先日にはソニーの後を受けてF1のライセンスを取得したことも発表になっていて、最初のタイトルは2009年に発売される予定です。また、Majescoとも提携関係にあります。

日本でどのようなタイトルをリリースするのか楽しみですね。

代表の三宅一壽氏は元アタジャパン代表。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  2. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

    CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  3. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

    【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  4. 閉店になった洋ゲー専門店「ゲームハリウッド」、海外ゲームソフトは「未来百貨」で販売継続

  5. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  6. 任天堂ブースでは手堅く“コア”なインディータイトルが中心に【BitSummit Vol.6】

  7. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  8. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  9. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  10. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

アクセスランキングをもっと見る