人生にゲームをプラスするメディア

『Doom』や『Quake』で知られるid SoftwareもESAを退会

ゲームビジネス その他

『Doom』や『Quake』で知られるゲームデベロッパーのid Softwareは、米国のゲーム業界団体Entertainment Software Association(ESA)のメンバーシップを更新せず、退会する方針を明らかにしました。

このところ、アクティビジョン、ビベンディ、ルーカスアーツ、そしてid Softwareと主要メンバーの退会が続くESAですが、その理由は不明です。

ESAは米国のゲーム業界を代表する業界団体として、年に一度開催される展示会E3を主催するほか、ワシントンでのロビー活動などを行ってきました。ESAは昨年暮れに新会長であるMichael Gallagher氏を迎えています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  2. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

    【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  5. 「TGS 2017」DMM GAMESブースにて『PUBG』出展&特別ステージ実施―「e-Sports X」にて50人同時対戦イベントも!

  6. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  7. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  8. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  9. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る