人生にゲームをプラスするメディア

マーベラス業績発表、Rising Star Gamesを通じて海外事業が好調

マーベラスエンターテイメントは、平成20年3月期業績を発表しました。それによれば、売上高123憶8700万円(前年度比-0.8%)、営業利益3憶5200万円、経常利益3憶2600万円、純利益7憶9100万円と、売上はわずかに前年度を下回ったものの、黒字転換を果たしています。

ゲームビジネス その他
マーベラスエンターテイメントは、平成20年3月期業績を発表しました。それによれば、売上高123憶8700万円(前年度比-0.8%)、営業利益3憶5200万円、経常利益3憶2600万円、純利益7憶9100万円と、売上はわずかに前年度を下回ったものの、黒字転換を果たしています。

前期は新しい中期事業計画がスタートし、別会社として運営されていたゲームを含むデジタルコンテンツ事業も本体の中で再スタートを切りました。

デジタルコンテンツ事業ではWii向けに『牧場物語 やすらぎの樹』、『NO MORE HEROES』、DS向けに『川のぬし釣り こもれびの谷 せせらぎの詩』も『ルーンファクトリー2』、『ルクスペイン』、『赤川次郎ミステリー』などをリリースしました。海外事業が英国のRising Star Gamesを通じて好調で、DS『Harvest Moon DS』が欧州で33万本(累計53万本)を記録したのを筆頭に、『NO MORE HEROES』『Harvest Moon Magical Melody』などが良好に推移したということです。

音楽映像事業は海外での低迷がありましたが、舞台公演事業は観客動員数が過去最高水準と好調でした。アミューズメント事業からは事業譲渡で撤退しています。

今期はデジタルコンテンツで世界を視野に入れたマーケティング、プラットフォーム戦略を進めるなどし、連結売上高125億円、営業利益2憶6000万円、経常利益2億円、純利益6000万円を見込むということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

    【TGS2016】『バイオハザード』と「L'Arc-en-Ciel」夢の融合!S.T.A.R.S.隊員hydeをVRで堪能

  4. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  5. 【GTMF2013】ヤマハによるアミューズメント向け次世代 GPU と開発環境

  6. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  7. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  8. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  9. 業界への就職を目指すあなたへ!「ゲーム・アーティスト・オーディション」ロングインタビュー!

  10. 【週間売上ランキング】 今週の一位は『DS西村京太郎サスペンス』!(10月8日〜14日)

アクセスランキングをもっと見る