人生にゲームをプラスするメディア

「BusinessWeek」のIT企業ランクで任天堂が4位―首位はAmazon.com

任天堂 その他

米国の雑誌「BusinessWeek」が発表した、今年で10回目となるInfoTech 100ランキングで、任天堂が第4位となりました。

これは約2万8000社の世界中のIT企業を投資収益率、成長率、全体の売上などで評価したもりで、格付け会社のスタンダード&プアーズの協力で行われたものです。100社のうち、米国の企業が33社を占め、国別ではトップとなりましたが、昨年の43社から10社減少した形となりました。また、10年前1998年のランキングでは75社が米国の企業で、その占める割合は年々減少していく傾向が見られます。

日本企業では昨年8位だった任天堂が4位に順位を上げたほか、75位にYahoo!JAPAN、85位に東京エレクトロン、97位にニコン、98位に日本電産の5社がランクインしました。ただ、日本の経済規模を考えると少々寂しい結果かもしれません。

1 AMAZON.COM U.S
2 APPLE U.S.
3 RESEARCH IN MOTION Canada
4 NINTENDO Japan
5 WESTERN DIGITAL U.S.
6 AMERICA MOVIL Mexico
7 CHINA MOBILE China
8 NOKIA Finland
9 ASUSTEK COMPUTER Taiwan
10 HIGH TECH COMPUTER Taiwan
11 GOOGLE U.S.
12 MTN GROUP S. Africa
13 IBM U.S.
14 MOBILE TELESYSTEMS OJSC Russia
15 TELEFONICA Spain
16 VIMPELCOM Russia
17 HON HAI PRECISION IND. Taiwan
18 AT&T U.S.
19 ACCENTURE U.S.
20 LG ELECTRONICS Korea
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. 『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

    『Nintendo Labo』キットの個別販売が開始―マイニンテンドーストアではセット販売も実施予定

  3. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

    スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  4. 『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス for Nintendo Switch』シナンジュやクシャトリヤなど「ガンダムUC」関連機体も続々登場

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『Nintendo Labo』Amazon限定「ダンボー」パーツセットの写真が公開―まさかお金で動くのか…?

  7. 新感覚音楽制作ゲーム『KORG Gadget for Nintendo Switch』が4月26日に配信決定!

  8. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

アクセスランキングをもっと見る

1