人生にゲームをプラスするメディア

「3大ゲーム強国」を目指して 海外の関係者を招いて無料セミナーを開催

ゲームビジネス その他

韓国ゲーム産業振興院は、海外のゲーム関係者を招いてのセミナーを2008年5月30日(金)に開催すると発表しました。

EA Sportsの開発部門のディレクターが、最新技術によるリアルなグラフィックのキャラクターの製作方法に関する講演を行います。このセミナーは韓国ゲーム界の国際競争力を高めることが目的とされています。対象となるのは韓国のゲーム関係者と関連学科を専攻する学生で、参加は無料となっています。

EAといえば「freestyle」(フリースタイル)というブランド名を巡って、韓国JC Entertainmentが訴訟も辞さない強硬な姿勢を表明したばかり。EAのスタッフとしては奇妙なタイミングでのセミナーとなります。

韓国は国策としてゲーム業界に注力、2010年までに「3大ゲーム強国」の仲間入りをすべく様々な施策を打ち出しています。国が海外の開発者を招いて無料でセミナーを開いてくれるというのは日本の業界人としてはかなり羨ましいところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  6. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  7. 【e-Sportsの裏側】ゲームメーカーならではの価値を見出し、提供していくーKONAMI キーマンインタビュー

  8. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  9. 【e-Sportsの裏側】「e-Sports」は新しいエンターテイメントの形、「焦らず、じっくり進めていく。」―ウォーゲーミングジャパン キーマンインタビュー

  10. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る