人生にゲームをプラスするメディア

“韓国バスケ戦争” JC EntertainmentはEA提訴?

ソーシャル・オンラインゲーム オンラインゲーム

『Free Style』と『NBAストリートオンライン』、バスケゲームの覇権をどちらが握るかという“韓国バスケ戦争”に新たな動きです。

『NBAストリートオンライン』をリリースするEA(エレクトロニック・アーツ)は、カジュアルなスポーツゲームを扱うブランド「freestyle」(フリースタイル)を設立すると発表しました。日本でも発売されるボクシングゲーム『フェイスブレイカー(仮)』を、最初のタイトルとすることが決定しています。

これに激怒したのが『Free Style』(フリースタイル)をリリースするJC Entertainment。それというのも、同社は「Free Style」をスポーツゲームとしてブランド化し、新作のバスケゲーム『Free Style 2nd Street』『Free Style3』とサッカーゲーム『Free Style Football』をあわせてポータルサイトを開設するという計画があるからです。

バスケゲーム『Free Style』が独占的な地位を占めている間に、新作とポータルサイトで「Free Style」というブランドイメージを固めようとしていたところに、巨大資本であるEAが同名のカジュアルスポーツゲームブランドを立ち上げるということで、危機感を募らせるのも仕方のないところ。同社はユ・インチョン文化体育観光部長官に協力を要請、状況次第ではEAを提訴することも辞さない構えを見せています。

斬新なアイデアと一本のヒット作で一気にのし上がれるのがゲーム界といわれていますが、そこに巨大資本がぶつかってきた場合にどうなるのか。他の業界と同様の力の論理がはたらき、資本の大きなところが勝つのか。それとも本当にアイデアの力だけで資本の力を覆すことができるのか。ゲームは「産業」となったのか否か、これは実に興味深いテーマといえるでしょう。

ただ、「freestyle」自体は一般的な単語であり、EAコリアも「freestyle」の名称はJC Entertainmentを意識したものではないと主張しているため、この争いが法廷に持ち込まれるかどうかは現時点では不明。できれば、ゲームのできばえだけで勝負が付くことを望みたいところではあります。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 正式サービスが開始した『BLESS』序盤プレイレポ―テイミングが楽しすぎて正義と向き合う暇がない!

    正式サービスが開始した『BLESS』序盤プレイレポ―テイミングが楽しすぎて正義と向き合う暇がない!

  2. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

    PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  3. 『にじよめ』のマスコットキャラクター「にじよめちゃん」が『chara1 oct.2017』の親善大使に就任!

  4. PC版『テイルズ オブ ベルセリア』『ゴッドイーターRE』発表、欧米向けにSteamで配信

  5. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  6. 90年代風味のVRサバイバルホラー『Organ Quarter』がSteamで配信開始

アクセスランキングをもっと見る