人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の成功で子供向け市場の競争激化にTHQ苦戦

ゲームビジネス その他

米国の大手パブリッシャーの一角、THQは2008年3月期の業績を発表しました。それによれば、売上高は10憶3050万ドルで、13年連続での伸びを達成しました。しかしながら利益面では3530万ドルの損失となりました。これについてカンファレンスコールにて同社CEOのBrian Farrell氏は、得意とする子供向け市場の競争が高まっていると指摘しました。

「2008年度の子供向けマーケットは最近の記憶の中でも最も競争が激しい一年でした。一昨年の『Cars』に並ぶタイトルの不足や任天堂のファーストパーティタイトルの充実、や新しい音楽ゲームの伸張などで、我々が伝統的に得意とする子供向けのビジネスで期待に沿えることができませんでした」

しかし今年については楽観的な見方を示しています。

「2009年度の我々のラインナップは昨年よりも強力ですし、ライセンスタイトルで考えても、家族向け映画はそれほど多くありません。今四半期にはディズニー/ピクサーの最新作『WALL・E/ウォーリー』のゲームを投入します。宇宙やロボットというテーマもゲームには強力な武器になります」
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

    『Fez』開発者Phil Fish氏がYouTuberのゲーム実況を批判「コンテンツを盗んでいる、利益を分配すべき」

  3. 今語られる『どうぶつの森』誕生秘話!「社長が訊く」最新号

    今語られる『どうぶつの森』誕生秘話!「社長が訊く」最新号

  4. サガシリーズのクリエイターによる思い出あふれるツイッター、元ネタや開発秘話を毎日更新

  5. 『機動戦士ガンダム EXTREME VS. FULL BOOST』PS3版の新要素「フルブーストミッション」で機体をカスタマイズせよ!

  6. 任天堂、モノリスソフトをバンダイナムコから買収

  7. 『Angry Birds』のRovioが日本事務所設立 ― キャラクター本格展開スタート

  8. 「ゲーム開発者の選択肢を広げる企業に」CRI・ミドルウェア押見正雄社長に聞く同社の過去・現在・未来

  9. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  10. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

アクセスランキングをもっと見る