人生にゲームをプラスするメディア

ネクストレベルゲームズが北京にスタジオ―『マリオストライカーズ 』など

Wii『マリオストライカーズ チャージド』(任天堂)や『SpiderMan: Friend or Foe』(アクティビジョン/マーベル)などで知られるカナダ・バンクーバーのゲーム開発会社、ネクストレベルゲームス(Next Level Games)は、中国に開発拠点を開設したことを明らかにしました。

任天堂 その他
Wii『マリオストライカーズ チャージド』(任天堂)や『SpiderMan: Friend or Foe』(アクティビジョン/マーベル)などで知られるカナダ・バンクーバーのゲーム開発会社、ネクストレベルゲームス(Next Level Games)は、中国に開発拠点を開設したことを明らかにしました。

中国の拠点は首都・北京に置かれ、バンクーバーと同様の良質な環境が整えられているということです。元々2006年に『SpiderMan: Friend or Foe』の3Dアートワークを担当できる中国の開発会社を探してプロデューサーのJared Johnson氏が中国に渡ったのが始めで、長い時間をかけてスタジオを整備してきたということです。

ネクストレベルゲームスでは現在2タイトルを開発中で、今後5年以内に北京スタジオの成長などビッグプランを計画しているということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  6. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  7. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』地獄のバイト「サーモンラン」を生き残る8つの労働術

アクセスランキングをもっと見る