人生にゲームをプラスするメディア

ネクストレベルゲームズが北京にスタジオ―『マリオストライカーズ 』など

任天堂 その他

Wii『マリオストライカーズ チャージド』(任天堂)や『SpiderMan: Friend or Foe』(アクティビジョン/マーベル)などで知られるカナダ・バンクーバーのゲーム開発会社、ネクストレベルゲームス(Next Level Games)は、中国に開発拠点を開設したことを明らかにしました。

中国の拠点は首都・北京に置かれ、バンクーバーと同様の良質な環境が整えられているということです。元々2006年に『SpiderMan: Friend or Foe』の3Dアートワークを担当できる中国の開発会社を探してプロデューサーのJared Johnson氏が中国に渡ったのが始めで、長い時間をかけてスタジオを整備してきたということです。

ネクストレベルゲームスでは現在2タイトルを開発中で、今後5年以内に北京スタジオの成長などビッグプランを計画しているということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

    【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  4. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

  5. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

  6. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  7. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  8. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

アクセスランキングをもっと見る