人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト、ウクライナに開発スタジオを開設

ユービーアイソフトは、ウクライナの首都であるキエフに開発スタジオを開設することを決定したと発表しました。同社にとって3番目の東欧のスタジオで、ここ数か月で5か所目の新スタジオとなります。

ゲームビジネス その他
ユービーアイソフトは、ウクライナの首都であるキエフに開発スタジオを開設することを決定したと発表しました。同社にとって3番目の東欧のスタジオで、ここ数か月で5か所目の新スタジオとなります。

キエフには複数のIT系の大学が存在し、毎年7000名以上のソフトウェア技術者を排出しているそうです。新スタジオはPCバージョンの『Blazing Angels: Secret Missions of WWII』を開発したVitalii Blazheiev氏を中心とする12名のグループが核となり、1年で50人体制を築く予定だということです。

ユービーアイの東欧での展開は早く、1992年にルーマニアにユービーアイ ブカレストを開設、現在では500名以上のスタッフを抱えるほか、2006年にはブルガリアにユービーアイ ソフィアも開設、50名のスタッフを来年には倍にする計画です。

キエフではPC版の『Tom Clancy’s HAWX』を最初に手掛けるということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. 見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

    見落としや煩雑さが激減し、プロジェクト進捗管理が円滑に――『コトダマン』制作過程における「SHOTGUN」導入事例【CEDEC 2018】

  3. PlayStationブースでは『Chasm』など未発売新作のプレイアブル展示も!【BitSummit Vol.6】

    PlayStationブースでは『Chasm』など未発売新作のプレイアブル展示も!【BitSummit Vol.6】

  4. 「ロックマンメガミックス復活記念 有賀ヒトシ×稲船敬二 SP対談」ぜひ動画でチェックを!

  5. 『クラッシュ・オブ・クラン』のスーパーセル、1日の売上が5億円、ユーザーは1940万人・・・ハッキングされ暴露

  6. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  7. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【CEDEC 2010】学習ゲームは効果があるのか? ベネッセとゲームニクスの取り組み

  10. スマホゲームのPS Vita移植で炎上しないためには? ソニーの開発者がUnite 2015で講演

アクセスランキングをもっと見る