人生にゲームをプラスするメディア

ユービーアイソフト、ウクライナに開発スタジオを開設

ゲームビジネス その他

ユービーアイソフトは、ウクライナの首都であるキエフに開発スタジオを開設することを決定したと発表しました。同社にとって3番目の東欧のスタジオで、ここ数か月で5か所目の新スタジオとなります。

キエフには複数のIT系の大学が存在し、毎年7000名以上のソフトウェア技術者を排出しているそうです。新スタジオはPCバージョンの『Blazing Angels: Secret Missions of WWII』を開発したVitalii Blazheiev氏を中心とする12名のグループが核となり、1年で50人体制を築く予定だということです。

ユービーアイの東欧での展開は早く、1992年にルーマニアにユービーアイ ブカレストを開設、現在では500名以上のスタッフを抱えるほか、2006年にはブルガリアにユービーアイ ソフィアも開設、50名のスタッフを来年には倍にする計画です。

キエフではPC版の『Tom Clancy’s HAWX』を最初に手掛けるということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

    【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  4. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  7. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  8. 先月お引っ越ししたイメージエポックへ会社訪問に行ってきました。

  9. 「マジック: ザ・ギャザリング」についてウィザーズ・オブ・ザ・コーストの2人に聞きました

  10. コーエー、「夏休み! 親子で楽しむゲーム講座」を開催

アクセスランキングをもっと見る