人生にゲームをプラスするメディア

『デカロン』東南アジア4カ国に進出!世界65カ国でサービス展開

ゲームビジネス その他

ゲームヤロウは、MMORPG『デカロン』のサービスエリアに、フィリピン・マレーシア・シンガポール・ブルネイの4カ国が追加されることを発表した。

今回の東南アジア4カ国でのサービスは、『デカロン』の開発を手がけている韓国・GAMEHI(ゲームハイ)社が、東南アジアのオンラインパブリッシャー・Digital Media Exchange Inc.(DME社)と契約を結んだことによって決定された。そして、フィリピン・マレーシア・シンガポール・ブルネイでは、2008年上半期中にクローズドβとサービスとオープンβサービスの実施が予定されている。

今回の契約締結に関してGAMEHI社のBACK SUNG HOON 理事は、「東南アジアを代表するゲームポータルと『デカロン』を共サービスする事ができて光栄に思います。DME社との緊密な協調を経て東南アジアに『デカロン』のブームが起きるように努力していきたい」とのコメントを発表した。

一方、DME社のScott Countryman代表は、「GAMEHI社の開発力とDMEのマーケティング、そして、流通及び豊富なパブリッシング経験を土台にした力強いパートナシップにより、『デカロン』の東南アジア進出成功を確信しています」と述べている。

今回の契約締結により、『デカロン』は中国と日本を始めとするアジア6カ国をはじめ、北米やヨーロッパを含めた全世界65カ国でサービス提供が展開されることになる。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

    「Oculus Rift」DRM機能からハードウェアチェックが削除…今後も使用しないと明言

  4. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  5. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  6. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  9. 時価総額3000億円、ソフトバンクが買収したスマホゲーム大手スーパーセルとは?

  10. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

アクセスランキングをもっと見る