人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
  • スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
  • スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
スクウェア・エニックスは、4月25日に開催した取締役会にて、10月1日を目処に新設分割による会社分割を行い、新設する100%子会社に現在の主要事業を継承し持株会社体制に移行する方針を決議したと発表しました。現在の会社は商号を株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)に変更し、持株会社として上場を維持します。本件については6月に開催予定の株主総会で承認を得て決定される予定です。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)は傘下に、スクウェア・エニックス、北米持株会社、欧州子会社、中国子会社、タイトー、その他子会社・関連会社を並列に置く形になります。持株会社への移行の理由に関しては、各事業の採算性や責任体制の明確化を図ると共に、他社との提携などにも機動的に対応し得る体制を作るためとしています。

現体制、持株会社移行後


会社分割後の上場会社の状況
(1)商号 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)
〔英文名:SQUARE ENIX HOLDINGS CO., LTD.(予定)〕
(2)事業内容 純粋持株会社としてのグループ企業の経営管理
(3)本店所在地 東京都渋谷区代々木三丁目22 番7 号
(4)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 和田 洋一
(5)資本金 9,290 百万円
(6)純資産 未定
(7)総資産 未定
(8)決算期 3 月31 日
(9)会計処理の概要 共通支配下の取引として会計処理を行います。従って、のれんの発生は見込まれておりません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  3. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  4. サイバーノイズ、独自のグラフィック技術最新ソフト「Live2D Cubism」を法人向けに販売開始

  5. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  6. スマホゲームのマーケティング専門家集団、AppBroadCastが目指す「脱・リワード依存」

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 今週発売の新作ゲーム『コール オブ デューティ ワールドウォーII』『.hack//G.U. Last Recode』『Spintires: MudRunner』他

  9. ユニティとグリーの関係性をアピール ― 「Unity at GREE」が示すソーシャルゲームの未来

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る