人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
  • スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
  • スクウェア・エニックス、持株会社体制に移行―名称はスクウェア・エニックス・ホールディングスを予定
スクウェア・エニックスは、4月25日に開催した取締役会にて、10月1日を目処に新設分割による会社分割を行い、新設する100%子会社に現在の主要事業を継承し持株会社体制に移行する方針を決議したと発表しました。現在の会社は商号を株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)に変更し、持株会社として上場を維持します。本件については6月に開催予定の株主総会で承認を得て決定される予定です。

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)は傘下に、スクウェア・エニックス、北米持株会社、欧州子会社、中国子会社、タイトー、その他子会社・関連会社を並列に置く形になります。持株会社への移行の理由に関しては、各事業の採算性や責任体制の明確化を図ると共に、他社との提携などにも機動的に対応し得る体制を作るためとしています。

現体制、持株会社移行後


会社分割後の上場会社の状況
(1)商号 株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス(予定)
〔英文名:SQUARE ENIX HOLDINGS CO., LTD.(予定)〕
(2)事業内容 純粋持株会社としてのグループ企業の経営管理
(3)本店所在地 東京都渋谷区代々木三丁目22 番7 号
(4)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 和田 洋一
(5)資本金 9,290 百万円
(6)純資産 未定
(7)総資産 未定
(8)決算期 3 月31 日
(9)会計処理の概要 共通支配下の取引として会計処理を行います。従って、のれんの発生は見込まれておりません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. Oculus Riftはポルノコンテンツを規制しない、カンファレンスで創設者が語る

    Oculus Riftはポルノコンテンツを規制しない、カンファレンスで創設者が語る

  4. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  5. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  6. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  7. テーブルトークRPG好きにはたまらない? ブラウザで遊ぶ本格ゲーム『英雄クロニクル』をプレイした

  8. 今週発売の新作ゲーム『CLOSED NIGHTMARE』『GROOVE COASTER』『太鼓の達人 Nintendo Switchば~じょん!』他

  9. 任天堂ミュージアム−任天堂オブアメリカ総本山の博物館

  10. 全ての面で最高のゲームを、『バットマン アーカム・シティ』が目指した開発スタイル・・・「Unreal Japan News」第46回

アクセスランキングをもっと見る