人生にゲームをプラスするメディア

セガとサミー、新経営体制を発表

セガサミーグループでは業績の不振から、前期中にセガにおいて、約110店舗のアミューズメント施設の売却もしくは閉店、希望退職者の募集、「みなとみらい21」地区での事業中止決定など様々な経営改革を打ち出しました。そして今後、新たなる成長ステージを目指すべく、セガとサミーの両社の経営体制を刷新することを発表しました。

ゲームビジネス その他
セガサミーグループでは業績の不振から、前期中にセガにおいて、約110店舗のアミューズメント施設の売却もしくは閉店、希望退職者の募集、「みなとみらい21」地区での事業中止決定など様々な経営改革を打ち出しました。そして今後、新たなる成長ステージを目指すべく、セガとサミーの両社の経営体制を刷新することを発表しました。

セガでは取締役AM統括本部長である臼井興胤氏を新たに代表取締役COOとすると共に、統括本部を廃止、5事業部5本部制に組織改変を行います。事業部としてAM 機器販売事業部、AM 施設事業部、AM 海外事業部、国内CS 事業部、欧米CS 事業部、本部としてコーポレート本部、AM研究開発本部、CS 研究開発本部、AM 生産調達本部、新規事業本部が設置されます。

サミーではパチンコ遊技機事業を成長分野として位置づけ、代表取締役副社長である中山圭史氏を代表取締役社長COOとします。また、現在セガ代表取締役の小口久雄氏は代表が外れ、同時にサミーの取締役にも就任します。

両社とも、セガサミーホールディングスの代表取締役会長兼社長である里見治氏が引き続きCEOとして、新任のCOOと共に収益強化に取り組んでいくということです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 世界が認めた開発力、欧米を中心に『UFC Undisputed』シリーズが大ブレイク中のユークスに迫る!・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第14回

    世界が認めた開発力、欧米を中心に『UFC Undisputed』シリーズが大ブレイク中のユークスに迫る!・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第14回

  2. 【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

    【GDC 2014】任天堂が明かす、N64時代から始まる『どうぶつの森』成長と心機一転の物語

  3. 2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

    2017年モバイルゲーム総売上、『ドラクエ』が『FF』を上回る―『星ドラ』が好調

  4. 【特集】今のゲーム業界は人材不足、じゃ“就職できない人”はなぜいるの?HAL東京のゲーム学部に迫る

  5. 今週発売の新作ゲーム『World of Warships / World of Warships: Legends』『ダートラリー2.0』『ラングリッサーI&II』他

  6. 【史跡探訪】トランプ・かるた製造元「山内任天堂」旧本社

  7. 海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

  8. テクモ・安田社長が辞任

  9. 狂気に満ちた『Year Of The Ladybug』初トレイラー遂に公開!心が不安定になる…

  10. 【CEDEC 2016】技術から語る『龍が如く』の10年──特殊エフェクトや物理エンジンの取り組み

アクセスランキングをもっと見る

1