人生にゲームをプラスするメディア

映画のスリル、アクション、興奮がそのままに『ハリーポッターと謎のプリンス』のゲーム版が発売決定

エレクトロニック・アーツは、今冬にワーナー・ブラザーズ映画から公開されるJ.K.ローリング作の人気作品6作目「ハリーポッターと謎のプリンス」のゲーム版を、映画公開と同時期にリリース予定だと発表しました。Wii、PS3、Xbox360、PS2、PSP、DS、Windows、Macintosh、モバイル向けに開発されていますが、日本国内でのハードや発売時期に関しては追って明らかにするということです。

ゲームビジネス その他
映画のスリル、アクション、興奮がそのままに『ハリーポッターと謎のプリンス』のゲーム版が発売決定
  • 映画のスリル、アクション、興奮がそのままに『ハリーポッターと謎のプリンス』のゲーム版が発売決定
エレクトロニック・アーツは、今冬にワーナー・ブラザーズ映画から公開されるJ.K.ローリング作の人気作品6作目「ハリーポッターと謎のプリンス」のゲーム版を、映画公開と同時期にリリース予定だと発表しました。Wii、PS3、Xbox360、PS2、PSP、DS、Windows、Macintosh、モバイル向けに開発されていますが、日本国内でのハードや発売時期に関しては追って明らかにするということです。

ストーリー
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」では、ヴォルデモートがマグル、魔法使い両方の世界における支配力を強めようとし、ホグワーツがもはやかつてのような安全な場所ではなくなります。ハリーは学校の中にも危険が潜んでいるのではないかと疑うのですが、最終決戦が迫っていることを知っているダンブルドア校長は、ハリーに戦いの準備をさせることに集中させます。ふたりはヴォルデモートの防御を解く手がかりを見つけようとし、そのために、ダンブルドアは旧友であり元同僚でもあるホラス・スラグホーンを学校に迎え入れます。有力なコネをもち、疑うことを知らないこの美食家の教授が極めて重要な情報を握っていると確信しているからです。一方、ホグワーツの生徒たちはまったく種類の違う敵と闘っていました。それは学校中に蔓延する思春期の恋の病。ハリーはますますジニーに惹かれていきますが、それはディーン・トーマスも同じです。ラベンダー・ブラウンはロンこそ自分が求める男の子だと決めつけます。ただし、彼女にとってロミルダ・ベインのチョコレートがもたらした影響は想定外でした。そしてハーマイオニーは嫉妬で爆発しそうになりながらも、断固として感情を外に出しません。このように学校中がロマンスで浮き立つなかで、一人の生徒だけが超絶としていました。彼は目標を達成することだけに集中しています。たとえそれが輝かしいものではないとしても。ホグワーツ全体に恋愛ムードが漂うなか、悲劇の暗雲は近づいてきます。すべてが終わったとき、ホグワーツは永久に変わってしまうかもしれません。



開発を担当するEAUKスタジオのハービー・エリオット氏は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」のビデオゲームは映画に基づいたビデオゲーム作品において節目となる作品になっていると思います。前作までのシリーズ作で培った技術的な進歩と任天堂のWiiのユニークな操作システムにフォーカスすることで、映画のストーリー、アクション、興奮や楽しさに没頭できるインタラクティブ体験が味わえるよう、ゲーム開発チームは映画の製作チームと一緒に取組んでいます」とコメントしています。

ワーナー・ブラザーズ・インタラクティブ・エンターテインメント、ビジネス・デベロップメントのバイス・プレジデントであるスコット・ジョンソン氏は「私たちはEAと一緒に開発することで、ファンの皆さんにスリリングなストーリー展開とハイクオリティービジュアルの感動的なハリー・ポッターのビデオゲームをお届けできることを楽しみにしています。ゲームがストーリーに忠実であることはハリー・ポッターシリーズのトレードマークであり、ハリー・ポッターと謎のプリンスファンはこれまでのシリーズ作以上にこのゲームを楽しむことができます」と述べています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

    【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  2. ゲームビジネスの未来を決めるアーキテクチャル・イノベーションとは・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」 第2回

    ゲームビジネスの未来を決めるアーキテクチャル・イノベーションとは・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」 第2回

  3. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

    【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  4. 【DEVELOPER'S TALK】ロード時間の劇的短縮!エイチーム『ダークラビリンス』が追求するサクサク感とリッチ化の両立

  5. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  6. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  7. ガイナックスの人気イラストレーター書き下ろしターゲットもあり!『バイオハザード リベレーションズUE』×「シューティングバーEA」コラボイベントレポ(1)

  8. 金正男、トランプ移民施策… 話題の陰でプチ進化するゲーム業界【オールゲームニッポン】

  9. Wwise利用で日々の運営も効率化。KLabで使われているサウンドファイルの自動アップデート環境

  10. バンダイナムコ、テイルズスタジオを吸収合併

アクセスランキングをもっと見る