人生にゲームをプラスするメディア

デジタルハーツ、ゲーム資料の日英翻訳サービス

ゲームデバッグサービスのデジタルハーツは、ゲーム資料の日英翻訳サービスを4月21日より開始したと発表しました。日本語・英語のバイリンガルスタッフを配置し、ゲーム関連の企画書や仕様書などの日英翻訳サービスを行うものです。海外展開や日本語へのローカライズを検討する企業には重宝されそうです。

ゲームビジネス その他
ゲームデバッグサービスのデジタルハーツは、ゲーム資料の日英翻訳サービスを4月21日より開始したと発表しました。日本語・英語のバイリンガルスタッフを配置し、ゲーム関連の企画書や仕様書などの日英翻訳サービスを行うものです。海外展開や日本語へのローカライズを検討する企業には重宝されそうです。

海外ゲーム市場の拡大でパブリッシャーもデベロッパーもグローバルに展開することが多くなりましたが、そのような際に言語の壁がある様々な資料でゲーム専門用語等を的確に翻訳するサービスがきちんと確立すると競争力の強化にもつながりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

    『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  3. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  4. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  5. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  6. 「VRとAIで人と会う体験が広がる」PSVRを推進するソニー吉田修平

  7. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  8. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  9. あの“ひみつ道具”が実現!? 「ドラえもんVR『どこでもドア』」先行試遊会を開催

  10. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

アクセスランキングをもっと見る