人生にゲームをプラスするメディア

CESA「2008一般生活者調査報告書」を公開―ゲーム人口は約3割・3739万人

CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、韓国ゲーム産業振興院と共同で毎年継続して調査している日本と韓国の一般消費者を対象としたゲーム利用に関する調査報告書「2008CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」を刊行しました。

ゲームビジネス その他
CESA(社団法人コンピュータエンターテインメント協会)は、韓国ゲーム産業振興院と共同で毎年継続して調査している日本と韓国の一般消費者を対象としたゲーム利用に関する調査報告書「2008CESA一般生活者調査報告書〜日本・韓国ゲームユーザー&非ユーザー調査〜」を刊行しました。

日本全国の3〜79歳(有効回収集1060サンプル)の一般消費者に対する調査によれば、「現在も継続的に家庭用ゲームに接している」と回答したユーザーは30.3%、全人口に拡大推計した結果は3739万人となりました。2006年では28.4%であったのが、新基軸のゲームの拡大で人口が増加していることが分かります。

どのようなゲーム機を保有しているかどうか尋ねたところ、最も多いのは「ニンテンドーDS」(49.9%)、次いで「プレイステーション2」(38.0%)の順でした。新傾向のゲームへの利用・関心への質問では「知識トレーニングなど勉強になるもの」(40.6%)、「フィットネスで体を鍛えたり、健康管理ができるもの」(33.4%)、「リモコンを持って体を動かせばその通りに動くもの」(28.2%)、「料理レシピ・辞書・地図など実用的なもの」(26.7%)の順となりました。

韓国での調査ではゲームを「現在している」と答えたユーザーは66.6%にも上りました。どのようなゲームを遊んでいるか、という調査では、「オンラインゲーム」(78.2%)、「携帯電話・モバイルゲーム」(45.2$)、「PCゲーム」(43.9%)、「携帯型ゲーム機(DSやPSPなど)」(37.3)、「家庭用ゲーム機」(24.1%)というように、日本とは大きく異なる結果になりました。

「一般生活者調査報告書」ではフリーコメントでの「欲しいゲーム」「ゲーム業界への要望」といった回答も多数掲載されています。耳の痛い意見も多く寄せられていますが、関係者の方は是非一読いただきたいと思います。

報告書は本日より全国の政府刊行物サービスセンターや主要書店などで販売中で、価格は5250円です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  4. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  5. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  6. 米国売上、引き続きWiiがリード、『スマブラX』は270万台―NPD

  7. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  8. 【レポート】VR鉄道SLG『トレインマイスター』をマスコンレバーでプレイ…E235系が走るJR山手線沿線を再現

  9. 【オールゲームニッポン】ゲームプロデューサー安田善巳氏とゲームアナリスト平林久和氏による"ゆるーい"対談はじまります(第1回)

  10. アンリアル・エンジン4におけるフォトリアリズム・・・「Unreal Japan News」第73回

アクセスランキングをもっと見る