人生にゲームをプラスするメディア

英国のトップ100ゲームメーカーで任天堂が第一位に選ばれる

ゲームビジネス その他

英国のゲーム業界向けウェブサイトである「Develop」は、英国でのゲーム売上に基づく、世界の優れたゲーム開発会社100を選ぶ「Develop 100」の2008年版を発表しました。それによれば、京都と東京にスタジオを持ち『スーパーマリオギャラクシー』や『脳を鍛える大人のDSトレーニング』などのヒットを連発した任天堂がトップに立ったということです。

今年で4回目となる「Develop 100」ですが、これまで3回連続で首位をキープしてきたEAカナダを任天堂が逆転した形となりました。この1年は非常に好調で、売上にして約1億3000万ポンドで前年より200パーセントという大幅な伸びを記録しました。

ただ全体的には欧米の開発会社の強さが目立ち、100社のうち36社は欧州、12社はカナダのメーカーだったということです。

以下、トップ10リスト
1.任天堂 (日本)
2.EAカナダ (カナダ)
3.ユービーアイソフト モントリオール (カナダ)
4.コナミ (日本)
5.Infinity Ward (米国)
6.EA Black Box (カナダ)
7.マクシス (米国)
8.バンジー (米国)
9.セガ (日本)
10.トレラベーズテイル (英国)
11.ユービーアイソフト フランス (フランス)
12.ユークス (日本)
13.アメーズ・エンターテイメント (米国)
14.EA LA (米国)
15.カプコン (日本)
16.Rebellion (英国)
17.EAレッドウッドショアーズ (米国)
18.Vicarious Visions (米国)
19.A2M (カナダ)
20.ハドソン (日本)
21.ロンドンスタジオ (英国)
22.Treyarch (米国)
23.インテリジェントシステムズ
24.EAソルトレイク (米国)
25.ソニックチーム (日本)
26.ロックスターリード (英国)
27.Insomniac (米国)
28.マイクロソフトゲームスタジオ (米国)
29.スポーツインタラクティブ (英国)
30.ゲームフリーク (日本)
31.コードマスターズ (英国)
32.ナムコ (日本)
33.オフィスクリエイト (日本)
34.スクウェア・エニックス (日本)
35.EAブライトライト (英国)
36.Crystal Dynamics (米国)
37.Eurocom (英国)
38.ネバーソフト (米国)
39.IOインタラクティブ (デンマーク)
40.Radical (カナダ)
41.Next Level Games (カナダ)
42.2Kボストン/2Kオーストラリア (米国)
43.EA Tiburon (米国)
44.Evolution Studios (英国)
45.Epic Games (米国)
46.Backbone (米国)
47.Blizzard (米国)
48.Realtime Worlds (英国)
49.HBスタジオ (カナダ)
50.Bizarre Creations (英国)
51.Relentless Software (米国)
52.Bethesda (米国)
53.Helixe (米国)
54.Midway (米国)
55.Juice Games (英国)
56.Sumo Digital (英国)
57.Harmonix (米国)
58.Valve (米国)
59.BioWare (カナダ)
60.EAシカゴ (米国)
61.Digital Training Pool (ドイツ)
62.Studio Liverpool (英国)
63.アルトロン (日本)
64.MTO (日本)
65.レア (英国)
66.Climax (英国)
67.クライテリオン (英国)
68.Barking Lizards (米国)
69.ノーティドッグ (米国)
70.アジェンダ (日本)
71.Stareeze (スウェーデン)
72.クリエイティブ・アセンブリ
73.Shiny Entertainment (米国)
74.Asobo Studio (フランス)
75.EAモントリオール (カナダ)
76.ディンプス (日本)
77.Exient (英国)
78.7 Studios (米国)
79.Team 17 (英国)
80.Lexis Numerique (フランス)
81.Budcat Creations (米国)
82.Frontier (英国)
83.Blade Interactive (英国)
84.Magenta (英国)
85.Visual Impact (ベルギー)
86.ユービーアイソフトルーマニア
87.Paradigm Entertainment (米国)
88.HAL研究所 (日本)
89.Relic (カナダ)
90.Savage Entertainment (米国)
91.Kuju Entertainment (英国)
92.アトラス (日本)
93.SCEAサンタモニカ (米国)
94.Ninja Theory (英国)
95.レトロスタジオ (米国)
96.Tantalus (オーストラリア)
97.マーベラス (日本)
98.Blitz Games (英国)
99.ロックスターバンクーバー (カナダ)
100.Planet Moon Studios (カナダ)

売上は独立系調査会社のChartTrackのデータに基づくものです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. 日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

    日テレがe-Sports事業に参戦!プロチーム「AXIZ」を結成し7月からは地上波で専門番組も開始

  4. 迫力のドット絵でサイバーパンクを表現した『The Last Night』がクール!家庭用版も開発中

  5. 【GDC 2015】App StoreやGoogle Playでフィーチャーされる秘訣は「ビックマック」にあり!?

  6. 【CEDEC 2010】10カ月でPS3タイトルを開発するために・・・『龍が如く』の実例

  7. 2018年7月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 鎖に繋がれた美しき少女と共に世界に色と音を取り戻せ!VRステージクリア型謎解きゲーム『VoxEl』体験レポート

  9. トミー、「ポケモン」ぬいぐるみに針混入、検針検査を実施へ

  10. 【DEVELOPER'S TALK】ロード時間の劇的短縮!エイチーム『ダークラビリンス』が追求するサクサク感とリッチ化の両立

アクセスランキングをもっと見る