人生にゲームをプラスするメディア

ゲーム総合情報サイト「GameSpot Japan」に、フォーラムサービスを提供開始

ゲームビジネス その他

シーネットネットワークスジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:神野恵美、以下シーネットネットワークスジャパン)は、2008年4月1日より、ゲーム総合情報サイト「GameSpot Japan」(http://japan.gamespot.com)に、新たなユーザー向けサービスとなるフォーラム機能を実装し、サービスの提供を開始しました。


■GameSpot Japanのフォーラム概要と特徴
フォーラムは、GameSpot Japanの読者が自由に意見を交換することが可能なフォーラム(掲示板)サービスです。各ジャンルごとに分けられたフォーラムでは、ユーザーが自由に意見を交換することが可能です。※GameSpot Japanメンバーサービスの登録が必要です。

また、フォーラムの下に作られるスレッドは、GameSpot内のゲームタイトルデータベースに関連づけることが可能となります。これにより、GameSpot編集部が提供する記事・レビューと共に、ユーザーが作るユーザーレビュー、フォーラムなどをあわせて確認することができます。

さらに、株式会社ニワンゴがサービスを提供している「ニコニコ動画」(http://www.nicovideo.jp/)と、米国Google社がサービスを提供している「YouTube」(http://jp.youtube.com/)に掲載されている動画を掲示板内にはり付ける機能や、自分が書き込んだフォーラムをMyPageで確認できる機能など、ユーザー同士のコミュニケーションを活発にする機能もあわせて提供します。

今後もGameSpot Japanはゲームに関わるあらゆる情報とサービスを提供することで、ゲーム文化発展のために寄与してまいります。


■シーネットネットワークスジャパンについて(http://cnetnetworks.jp/)
シーネットネットワークスジャパン株式会社は、2002年12月にCNET Networks, Inc. (Nasdaq:CNET)の日本法人として設立されました。現在、CNET Japan、CNET Venture View、ZDNet Japan、builder by ZDNet Japan、GameSpot Japan、鉄道コムのブランドを展開しています。CNET Networks, Inc.は、インタラクティブメディア企業として、ゲーム、音楽、エンターテインメント、技術、ビジネス、グルメ、育児などをテーマに扱ったブランドを展開し、知識欲あふれる多くのユーザーから支持されています。1992年の設立以来、これまでに運営してきた主要ブランドには、 BNET、CHOW、CNET、GameSpot、TV.comなどがあり、米国、欧州、アジアの各地域で事業を展開しています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  3. 【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

    【闘会議2015】前代未聞の筋トレ用アニメ「いっしょにとれーにんぐ」がゲーム化か?制作会社が開発者を募集

  4. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

  6. DMMの動画・電子書籍にペイパル決済が導入―期間中ペイパルで支払うと10%のポイントバック

  7. 「DRMは時間と金の浪費」−『グーの惑星』の作者がDRM不要論を展開

  8. コナミとミクシィ、アバターで交流できるスマホ向けサービス『mixiパーク』サービス開始

  9. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  10. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

アクセスランキングをもっと見る