人生にゲームをプラスするメディア

『GTAIII』の作者が手がける 超自由度のギャングMMORPG『APB』50億円の資金を獲得

PCゲーム オンラインゲーム

スコットランドのRealtime Worlds社は、Maverick Capital社の投資ラウンドで5千万ドル(約50億円)の資金を獲得しました。

Realtime Worlds社は、Xbox360用ゲーム『ライオットアクト(crackdown)』を発売、MMORPG『All Points Bulletin(APB)』を開発していることで知られています。

『APB』は、『レミングス』や『グランド・セフト・オートIII(GTAIII)』など多数のヒット作の生みの親であるデイビッド・ジョーンズ氏が手がける初のMMORPG。

ファンタジー世界をテーマとする多くのMMORPGと違い、現代社会が舞台となっており、法を守る「ロー・エンフォーサー」と、それに対抗する「ギャング」のいずれかに所属して抗争を演じます。高い自由度がコンセプトとなっており、車を盗み出したり、銃撃戦を繰り広げたりといったこれまでのMMORPGにはなかったアクションが可能で、ポストファンタジーMMORPGとして注目を集めています。

韓国でも、ホラーを下敷きとした『SP1』など脱ファンタジーMMORPGの動きが起こっており、東西のポストMMORPGの戦いがどちらに軍配が上がるか気に掛かるところ。

50億円の資金と言えば大金だけに、『APB』陣営の次なる一手からは目を離さない方が良さそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

    Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  2. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

    PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. 『ガンダムヒーローズ』豪華プレゼントが抽選で当たるキャンペーンが開催!

  5. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  6. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  7. アクションゲーム版「ロードス島戦記」がSteamで配信決定!―生誕30周年を記念して

  8. 『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善が予告、AR一強に終止符か

  9. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  10. 【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

アクセスランキングをもっと見る