人生にゲームをプラスするメディア

今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!

冬もいよいよ終わり、春の兆しを迎えている今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

PCゲーム オンラインゲーム
今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!
  • 今どきゲーム事情■HOUKOU:ただのRTSとはひとあじ違う?花粉症も忘れて熱中できる2つの作品を大紹介!

さて『World Cyber Games 2008(WCG2008)』ですが、例年よりもやや遅れ気味で採用ゲームが決まり、RTSに関しては去年と同じ顔ぶれとなりました。このあたり、少し新しい刺激が欲しいと言えなくもないですが、競技的側面から見ると、毎年コロコロと採用ゲームが変わられても困りますし、なかなか、これらの作品達に匹敵するようなものは出て来ていない状況が続くので、仕方がないのかもしれません。今年出る(と思われる)新作に改めて期待したいところです。
なお、『Command and Conquer 3(C&C)』、『AoE3』ともに、新拡張パックである『Command and Conquer 3: Kane’s Wrath』と、『エイジ オブ エンパイア III : アジアの覇王(AoE3 :TAD)』が対象となっています。

次に国内ニュースですが、『WC3』にて大きな動きがありました。『AoE』『カウンターストライク』そして、『WC3』で有名なプレイヤーであるEnza選手が、先日、海外の大手メモリーメーカーのGeILとプロ契約を結んだと言うニュースがまず1つ目です。ENZA選手はさらにその後、海外にて有力プレイヤーを集めた新設クランに参加することとなり、これからの本格活動が期待されます。

2つ目は、国内にて国際大会『KODE5』の出場権を賭けた予選が行われました。『WC3』では、国際大会の国内予選は久々であり、オンライン予選、そして決勝トーナメントによる国内最終予選という形で開催され、オンライン予選にて勝ち抜いたGeIL.ENZA選手、tenti選手、Jin115選手、nemuke選手(rincsavage選手が棄権のため、nemuke選手の繰り上がりが発生)、以上4人のプレイヤーが決勝トーナメントの秋葉原の地に進むこととなりました。決勝トーナメントは、最有力候補のENZA選手が順調に勝ち進み、誰もがこのまま優勝と考えていたところで、nemuke選手が立ち塞がりました。勝者側トーナメント決勝戦ではGeIL.ENZA選手がNEを選択し、nemuke選手がOrcを選択。ゲームは、全体的に五分に近い内容ながらも、重要な局面ではGeIL.ENZA選手の動きをしっかりと押さえ込んだnemuke選手が下馬評を覆し2連勝。会場全体が驚きの空気に包まれていました。トーナメント方式がダブルイリミネーショントーナメントであるため、ここでGeIL.ENZA選手とnemuke選手の代表選手決定戦となり、もしやと思わせるものの、3度目の正直とばかりにそれまでとは作戦を大きく変えてきたGeIL.ENZA選手が勝利を収め、『KODE5』の出場を決めました。



国内で、久々に『WC3』に関する国際大会の予選が開催。決勝戦は目を離せないプレイの連続※クリックで拡大画面を表示



結果としては、enza選手が当初の予想通りの出場権獲得なりましたが、最後までどちらが勝つかわからない3連戦は、多くのギャラリーの興味を引いていたと言えるでしょう。どれも好ゲームかつ両者の上手さが際立つシーンが多く、観戦者をうならせるプレイの続出となったことは、RTSを応援する筆者としては、とても喜ばしいことでした。さらに特筆しておきたいのは、2006年に行われた『BIGLAN』のときよりも、両者ともプレイの質がかなり上がっていたことでした。もともと操作量や操作の上手さに定評のあった両プレイヤーですが、さらに一段上のレベルのプレイヤーになったと言えるかもしれません。enza選手は、ロシアで開催される本戦にも期待したいところです。



宿敵とも言えるnemuke選手に苦しめられたものの、最後の最後で地力を見せたGeIL.ENZA選手が『KODE5』本戦出場権を獲得※クリックで拡大画面を表示


他の国内RTSニュースとしては、前回の筆者のコラムでもお伝えしましたが、『AoE3:TAD』のイベントが2月2日大阪、2月23日に東京にて開催されました。筆者の記憶では、関西でこういったイベントが開催されるのは非常に珍しく、関西圏のプレイヤーを中心に盛り上がりを見せたとのことでした。



2月23日にも、sofmap店頭にてイベント開催。当日はやや崩れ気味の天候ながらも、多くの通行人が足を止めて観戦していました※クリックで拡大画面を表示


■ここ最近のRTSイベントラッシュに思うこと

国内イベントはRTSの世界では今まで非常に貴重なものでしたが、ここ半年ほどは多数のイベントが行われています。オフラインイベントは、国内トッププレイヤーの操作などを実際に見ることができる絶好の機会になるわけですが、それらのイベントを陰で支えて、さまざまに動き回っている人達がいる事を忘れてはいけないでしょう。『AoE』ではmatsujun氏が精力的に動くことにより開催されていますし、『WC3』では、akisaya氏が常にキーマンとして動いています。RTSファンの一人として、彼らへの感謝を覚えずにはいられません。もし直接話をする機会などがあれば、感謝を伝えつつ、イベントにおける良いアイディアなどを提示できれば大変喜ばれるかと思います。

それでは、また、次回お会いしましょう。


《HOUKOU》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 人気ストリーマー・RasさんがPC版『Apex Legends』ランクマッチにおけるチーターの多さに苦言―「チーター」がTwitterトレンドになる事態に【UPDATE】

    人気ストリーマー・RasさんがPC版『Apex Legends』ランクマッチにおけるチーターの多さに苦言―「チーター」がTwitterトレンドになる事態に【UPDATE】

  2. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  3. MHF「シーズン9.0“瀑突、グレンゼブル”」、「特異個体」と「秘伝防具」の情報が明らかに

    MHF「シーズン9.0“瀑突、グレンゼブル”」、「特異個体」と「秘伝防具」の情報が明らかに

  4. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  5. 『マインクラフト』に存在する伝説の地「ファーランド」を目指し、4年以上歩き続けているギネスプレイヤーKurt J.Macの旅とは

  6. 『デカロン』アップデート。10月に「郵便システム」実装

  7. MHF「シーズン9.0“瀑突、グレンゼブル”」TVCM9月23日より放映開始

  8. バレンタインにタガメチョコを食わされた話―ガチ恋モードのVTuber・ぽんぽこを攻略する『ガチ恋デイズ』レポートだお

アクセスランキングをもっと見る