人生にゲームをプラスするメディア

『マンハント2』、英国でも発売へ―VACが認める決定

ゲームビジネス その他

ロックスターゲームスが開発したWiiとPS2向け『マンハント2』を巡って昨年から騒動が行われてきましたが、表現の修正を行って販売が許可された米国に続いて、2度に渡って発売禁止を受けた英国でも販売されることが確実になりました。ロックスターでは年内には発売したいとしています。

昨年6月に英国の映像やゲームの審査機構であるBBFC(The British Board of Film Classification)は、非常に残虐な表現を多数含んでいるとして『マンハント2』にレーティングを付与しないという決定をしました。レーティングのないゲームは販売することができず、事実上の発売禁止の措置です。これに続いて米国でもESRBが18歳以上対象(18禁)のレーティングとすることを公表しました。

18禁のレーティングや、そもそも発売ができないとなれば大きな打撃を受けるロックスターでは表現の修正を行ったバージョンを制作、ESRBは修正版を受け入れM(Mature/17歳以上対象)として10月末に発売になりました。しかしBBFCは修正後のバージョンも審査を拒絶し、発売できない事態が続いていました。

BBFCの決定に同意できないコンテンツ事業者は独立した審査機構を持つVideo Appeals Committeeに提訴することができると定められていて、ロックスターは提訴、逆転で18歳以上対象のレーティングを付与するという決定を得ました。これに対して、BBFCは更に法廷で争う事も可能と定められていますが、断念し、18歳以上対象のレーティングを決定しました。

BBFCがここまで強硬な態度を示したのは、このゲームの前作に影響されて少年が友人を殺害するという事件が英国で発生していることが大きいものと思われます。BBFCのDavid Cookeディレクターは「私達は2度レーティングを拒絶し、再び法廷で争うことも検討しました。しかしそれは逆に大きなリスクを伴うものと判断しました」と苦渋の選択だったと述べています

ロックスターでは責任を持って年内にゲームを発売するとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  4. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  5. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

  6. ハロウィンイメージの衣装でも登場!「トキメキメテオ Vol.3 鈴木ふみ奈」発売イベントレポ

  7. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  8. ゲームエフェクトの職人が語る「エフェクトの意味」とは?

  9. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  10. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

アクセスランキングをもっと見る

1