人生にゲームをプラスするメディア

『マンハント2』、英国でも発売へ―VACが認める決定

ロックスターゲームスが開発したWiiとPS2向け『マンハント2』を巡って昨年から騒動が行われてきましたが、表現の修正を行って販売が許可された米国に続いて、2度に渡って発売禁止を受けた英国でも販売されることが確実になりました。ロックスターでは年内には発売したいとしています。

ゲームビジネス その他
ロックスターゲームスが開発したWiiとPS2向け『マンハント2』を巡って昨年から騒動が行われてきましたが、表現の修正を行って販売が許可された米国に続いて、2度に渡って発売禁止を受けた英国でも販売されることが確実になりました。ロックスターでは年内には発売したいとしています。

昨年6月に英国の映像やゲームの審査機構であるBBFC(The British Board of Film Classification)は、非常に残虐な表現を多数含んでいるとして『マンハント2』にレーティングを付与しないという決定をしました。レーティングのないゲームは販売することができず、事実上の発売禁止の措置です。これに続いて米国でもESRBが18歳以上対象(18禁)のレーティングとすることを公表しました。

18禁のレーティングや、そもそも発売ができないとなれば大きな打撃を受けるロックスターでは表現の修正を行ったバージョンを制作、ESRBは修正版を受け入れM(Mature/17歳以上対象)として10月末に発売になりました。しかしBBFCは修正後のバージョンも審査を拒絶し、発売できない事態が続いていました。

BBFCの決定に同意できないコンテンツ事業者は独立した審査機構を持つVideo Appeals Committeeに提訴することができると定められていて、ロックスターは提訴、逆転で18歳以上対象のレーティングを付与するという決定を得ました。これに対して、BBFCは更に法廷で争う事も可能と定められていますが、断念し、18歳以上対象のレーティングを決定しました。

BBFCがここまで強硬な態度を示したのは、このゲームの前作に影響されて少年が友人を殺害するという事件が英国で発生していることが大きいものと思われます。BBFCのDavid Cookeディレクターは「私達は2度レーティングを拒絶し、再び法廷で争うことも検討しました。しかしそれは逆に大きなリスクを伴うものと判断しました」と苦渋の選択だったと述べています

ロックスターでは責任を持って年内にゲームを発売するとしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

    グラフィックはどうでもいいと言う人がいるが、それは嘘だ-ベセスダ幹部

  3. 【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

    【CEDEC 2017】『Fate/Grand Order』開発チームが語る、面白いゲームを創り続ける秘訣

  4. 【DEVELOPER'S TALK】"プラチナ"クラスの作品が完成~渾身のクライマックスアクション『ベヨネッタ』を手掛けたプラチナゲームズを直撃

  5. 今週発売の新作ゲーム『TERA』『Darksiders III』『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』『Artifact』他

  6. 【GTMF2013】ソニー・コンピュータエンタテインメントが紹介するPlayStation向け最新テクノロジー-PS4・AR・脈動検出・PlayViewなど

  7. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  8. 今週発売の新作ゲーム『Deracine』『OVERKILL's The Walking Dead』『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』『テトリス エフェクト』他

  9. 秋葉原の露天でGBAソフトが入った違法DVDを販売していた男を逮捕

  10. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

アクセスランキングをもっと見る